エディション:
日本

トップニュース

米、「為替操作国」指定ゼロ 日中韓など11カ国を監視対象

米財務省は16日、貿易相手国の通貨政策を分析した半期為替報告書を公表し、スイスとベトナム、台湾が為替相場を操作した可能性があるとしながらも、「為替操作国」の認定は見送った。中国、日本、韓国など11カ国を通貨政策の「監視対象」に指定した。

日米首脳、中国を強くけん制 共同声明に台湾やウイグル明記

日米両首脳は16日午後(日本時間17日未明)にワシントンのホワイトハウスで会談し、中国を強くけん制した。共同文書には、中国が軍事的な圧力を強める台湾について、海峡の安定が重要と明記。香港と新疆ウイグル自治区の人権状況に対する懸念も盛り込んだ。日本と経済的に関係の深い中国の今後の反応が焦点となる。

お知らせ=重複記事を削除します

午後12時23分に配信した「日米首脳、中国を強くけん制 共同声明に台湾やウイグル明記」は、重複して配信されたため削除しました。

焦点:プラグインHV車、欧州の規制変更で「エコ」でなくなる日

気候変動問題に対する意識の高いドライバーにとって、プラグイン・ハイブリッド車(PHEV) が人気テクノロジーだったのはいつ頃だったろう。一部の専門家によれば、実のところPHEVは環境に優しいものではなかった。欧州の規制の厳格化に直面し、自動車メーカーはPHEVから徐々に手を引くことになるかもしれない。