エディション:
日本

注目銘柄

ホットストック:ZOZOは続伸、前澤社長がツイッターへの投稿再開

ZOZOは続伸。前澤友作社長がツイッターへの投稿を再開することを表明し、一時3%超高まで強含む場面があった。その後は伸び悩んでいる。前澤社長は2月、本業に集中するとして、ツイッターへの投稿を一時休止するとしていた。同社は本日、2019年3月期の決算発表を行う予定。

ホットストック:ファナックは続落、20年3月期は大幅減益を予想

ファナックが続落している。同社は24日、2020年3月期の連結営業利益が前期比53.6%減の757億円になる見通しと発表した。売上高は同15.5%減の5369億円、純利益は同59.6%減の623億円と2期連続の減収減益を見込む。IT関係の需要が見込めない状況が続くほか、貿易摩擦の影響や為替動向など不透明要因があり、予断を許さない状況が続くとみている。