エディション:
日本

トップニュース

アングル:インドの若者が生保契約に殺到、コロナ感染死急増で

インドの経済都市・ムンバイにある広報業務の代理店で経営陣に名を連ねるビバリー・コウティンホさん(24)は、他の20代の若者と同じように生命保険への加入を先延ばししてきた。しかし、インドで新型コロナウイルスの感染者数と死者数が急増したことで、自分の死を直視するようになり、加入を決めた。

コラム:中国の滴滴、評価額11兆円は「高望み」か

[香港 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディチューシン)が一段と飛躍するには、エンジンの出力がいささか足りないようだ。同社は、ニューヨーク市場で7年前のアリババ以来の大規模な新規株式公開(IPO)を実施するための準備を急いでいる。ロイターが関係者の話として伝えたところでは、程維最高経営責任者(CEO)は評価額を1000億ドル(約11兆円)に乗せて100億ドルを調達したい考え。だが600億ドル前後だった2018年の評価額をここまで高めるのは、手の届く範囲を超えているように見える。

アングル:昭和を描いた父、令和と向き合う息子 「丹下建築」に新たな五輪の舞台

2020年東京オリンピック・パラリンピックの競泳や飛込競技などの会場として東京都江東区に新たに整備された東京アクアティクスセンター。その基本設計に関わった丹下都市建築設計(東京都港区)の丹下・ポール・憲孝会長(63)は、設計参加が決まった直後、真っ先に亡父の墓参りに向かった。

NY外為市場=ドル上昇、リスク選好度低下で安全買い

ニューヨーク外為市場では、ドル指数が引き続き上昇した。連邦準備理事会(FRB)が15─16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ時期の見通しを2024年から23年に前倒して以来、ドルは強含んでいる。