エディション:
日本

トップニュース

焦点:「中国で産みたくない」、ゼロコロナで出生数減少に拍車

今年前半、上海では新型コロナウイルス感染症対策として厳格なロックダウンが実施された。その間、中国当局による尋常ではない強権統治を目の当たりにして、クレア・ジアンさん(30)の人生設計は変わった。彼女はもう、中国で子どもを産みたいとは思っていない。

焦点:岐路に立つ動画配信、「ネトフリを目指せ」時代は終焉か

米ハリウッドの今決算シーズンは、ウォルト・ディズニーがストリーミング動画配信サービスの加入者数でネットフリックスを抜き、「ネトフリを目指せ」の時代は終わったようにみえる。ディズニーの健闘ぶりは、ストリーミング産業が拡大を続けるという期待も復活させた。しかし同社が特殊な存在であることを忘れてはならない。

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格下げ

[12日 ロイター] - 格付け会社のS&Pとフィッチは12日、ウクライナの外貨建て格付けについて、部分的なデフォルト(債務不履行)を示す「選択的デフォルト(SD)」、「制限的デフォルト(RD)」にそれぞれ引き下げた。債務再編は困難と判断した。

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝利宣言」後

[ソウル 13日 ロイター] - 朝鮮中央通信(KCNA)は13日、北朝鮮がマスクの着用義務や対人距離の確保といった各種規制を解除したと伝えた。北朝鮮は3カ月前に国内での新型コロナウイルス流行を初めて確認したが、金正恩朝鮮労働党総書記は今週、新型コロナとの戦いに勝利したと宣言した。