エディション:
日本

環境テクノロジー

米テスラ、豪南部州のリチウムイオン蓄電システム稼働開始

米電気自動車(EV)テスラが豪サウスオーストラリア州に建設した世界最大規模のリチウムイオン蓄電システムが1日、稼働を開始した。テスラが建設したのはグリッドスケール蓄電池(電力網用の蓄電池)で、容量は129メガワット時。

トヨタ、中国での現地開発EV販売を検討へ

トヨタ自動車は、中国合弁子会社2社が開発した電気自動車(EV)を中国市場に投入する可能性について検討する。17日開幕の広州モーターショーに合わせて明らかにした。

革新機構、大型蓄電池材料ベンチャーに4億円出資

産業革新機構は14日、太陽光発電など再生可能エネルギーの電力供給安定化に用いられる大型蓄電池向けの中核材料の開発製造を手掛ける福岡県のベンチャー企業に、4億円の出資を決定したと発表した。