エディション:
日本

ロシア関連

ロシアとトルコ、「S400」部品の共同生産を協議=タス通信

ロシアのタス通信は国営コングロマリットであるロステックのトップ、セルゲイ・チェメゾフ氏の話として、トルコにおけるロシア製のミサイル防衛システム「S400」を巡り一部部品の共同生産の可能性を両国が協議していると伝えた。トルコは今月、S400の搬入を開始。米国は安全保障上の懸念から最新鋭ステルス戦闘機「F35」のプログラムからトルコを除外し始めた。

コラム:「老け顔写真」アプリはロシア製、個人情報の懸念拡大

[ニューヨーク 18日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ロシア製の顔写真アプリ「FaceApp(フェイスアップ)」を使うと個人情報が悪用されるという懸念が巻き起り、当局が調査に乗り出した。しかし、ソーシャルメディア(SNS)に「自撮り写真」を投稿する行為は何年も前から盛んで、個人情報に対する懸念はその楽しさに勝てずにいる。当局の対策は遅きに失したと言うべきだ。

焦点:フォンデアライエン次期EU委員長、域内対立で茨の道

欧州連合(EU)の次期欧州委員長となるドイツのフォンデアライエン前国防相は、移民問題から税制、気候変動、法制度に至るまで、さまざまな問題で公約を掲げることで、辛うじて欧州議会の承認を確保した。EU28カ国の首脳らは多くの問題を巡って意見が対立しており、これらの約束を実行に移すことは、さらに困難な仕事となるだろう。

日ロ外相、月内にも会談で調整

 日本、ロシア両政府は、タイ・バンコクで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合に合わせ、河野太郎、ラブロフ両外相による会談を7月31日か8月1日に行う方向で調整に入った。北方領土での共同経済活動を巡り、秋にも実施することで合意したパイロット(試行)事業について準備を進める。日本外務省関係者が18日、明らかにした。