エディション:
日本

特集アベノミクス

ロシアの北方領土兵舎新設に抗議

 政府は、ロシア軍が北方領土に兵士用宿舎を新設したことに関し、18日にモスクワの外交ルートを通じてロシア政府に抗議した。「北方四島におけるロシア軍の軍備強化につながるものであり、わが国の立場と相いれない」と伝えた。外務省関係者が19日、明らかにした。

維新の会と希望の党、統一会派へ

 日本維新の会は19日、参院議員懇談会を国会内で開き、参院での希望の党との統一会派結成を了承した。来年の統一地方選や参院選で連携を図るのが狙い。実現すれば、参院では共産党の14議席に並ぶ。維新の片山虎之助共同代表は国会内で記者会見し「国会活動は数が大きい方がやりやすい。戦略的互恵関係だ」と述べた。

トヨタ労組、ベア要求額示さず

 トヨタ自動車労働組合(約6万9千人)が2019年春闘で、ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分の要求額を示さない方向で検討に入ったことが19日、分かった。ベアだけに焦点を当てず、定期昇給や手当を含む賃上げ総額を提示し、期間従業員などを含む全組合員ベースで要求する見通し。19年1月下旬に組合員に示し、2月に正式決定する。

7月から学校や病院の屋内禁煙

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法の成立を受け、厚生労働省は18日、学校や病院、行政機関の庁舎などについて、2019年7月1日から屋内全面禁煙にする方針を決めた。自民党の厚生労働部会が18日了承した。9月のラグビーワールドカップを念頭に置いた。当初から19年夏に施行する予定だったが、具体的な日付は決まっていなかった。

維新、希望と会派結成へ

 日本維新の会が希望の党と参院での統一会派を結成する方向で最終調整していることが分かった。かねて希望側が統一会派を組みたいと要望していた。維新は19日に参院議員懇談会を開いて決定する。関係者が18日、明らかにした。

技能試験、来年4月開始は3業種

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法に基づき新設する在留資格「特定技能1号」について、資格取得に必要な技能試験を来年4月から実施するのは、介護業、宿泊業、外食業の3業種にとどまる見通しであることが18日、分かった。受け入れ問題を話し合う自民党の合同会議で、政府が案を示した。

自公、参院選候補者を相互推薦

 自民党の甘利明、公明党の佐藤茂樹両選対委員長は18日、国会内で会談し、来年夏の参院選選挙区の公認候補を相互に推薦することで合意した。自民党は両党候補者が競合する改選3、4人区のうち埼玉、神奈川、愛知、兵庫、福岡の5選挙区で公明党候補を、公明党は32ある改選1人区を中心に自民党候補を推薦する。

18年度の2次補正予算2兆7097億円、強靭化策柱に歳出追加=政府筋

2018年度2次補正予算案の全容が固まった。重要インフラの防災対策を柱に歳出を3兆0351億円追加し、低金利が続き、不用となった国債費の減額などで補正総額を2兆7097億円とする。予算案は21日に19年度当初案と併せて閣議決定し、年明けの通常国会での成立を目指す。