エディション:
日本

特集アベノミクス

IMF、世界経済見通し引き下げ 通商や英EU離脱がリスクに

国際通貨基金(IMF)は23日、四半期の経済見通しを公表し、2019年と20年の世界経済見通しを下方修正した。米中の関税や無秩序なブレグジット(英国の欧州連合離脱)などが成長の足かせとなり、投資やサプライチェーン(供給網)を妨げる恐れがあると警告した。

NHK改革なら改憲賛同

 参院選で議席を得て政党要件を満たした「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表は23日、インターネット番組に出演し、憲法改正の国会発議に条件付きで賛同する意向を示した。安倍政権が受信料を支払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」へとシステムを改めることを交換条件として掲げた。

ロシア軍機に警告射撃360発

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は23日、島根県・竹島(韓国名・独島)周辺に領空侵犯したとするロシア軍機はA50空中警戒管制機で、2回の領空侵犯に対し、韓国軍機がロシア軍機の前方約1キロに向け計約360発の警告射撃をしたと明らかにした。

首相、ハンセン病家族と面会へ

 安倍晋三首相はハンセン病元患者家族訴訟の国の敗訴確定を受け、24日午前に元患者の家族らと面会する。菅義偉官房長官が23日の記者会見で発表した。菅氏は「政府としては家族の皆さんの声に耳を傾けながら寄り添った支援を進め、この問題の解決に全力で取り組んでいく」と強調した。根本匠厚生労働相も24日夕、原告らと面会する予定。今回の面会を皮切りに差別被害の回復に向けた補償について具体的な検討が始まる。

れいわの交付金6700万円

 共同通信社は23日、参院選の結果を受けて、2019年分の政党交付金の配分額を試算した。首位は自民党の176億6700万円。議席減に伴って1月1日時点の算定額より2億2700万円減少した。新たに政党要件を満たした「れいわ新選組」は6700万円、「NHKから国民を守る党」は5900万円だった。

安倍政権下の改憲反対56%

 参院選の結果を受けて共同通信社が22、23両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、安倍晋三首相の下での憲法改正に「反対」との回答は56・0%で、「賛成」の32・2%を上回った。安倍内閣が優先して取り組むべき課題(二つまで)は「年金・医療・介護」48・5%と「景気や雇用など経済政策」38・5%が上位を占め、「憲法改正」は9項目のうち最も低い6・9%だった。

復興庁存続を自民提言へ

 東日本大震災の「復興・創生期間」が終了する2020年度末に設置期限を迎える復興庁の存続を自民党が近く政府に提言することが23日、分かった。被災地では現行の復興支援態勢の継続を求める声が強まっているため。新組織は設けず、21年度以降も迅速な施策展開を続ける狙い。

選管ミス、山田太郎氏の票が0に

 静岡県富士宮市選挙管理委員会は23日、21日投開票の参院選比例代表で、自民党の山田太郎氏の票を、れいわ新選組代表の山本太郎氏の票に誤って計上していたと発表した。山本氏が1453票、山田氏は0票と結果を出していたが、山本氏938票、山田氏515票と訂正した。県選管は、候補者の当落に影響はないとしている。

韓国軍、「領空侵犯」のロシア軍用機に警告射撃数百発

韓国の軍用機は23日、同国領空に侵入したとしてロシアの軍用機に数百発の警告射撃を行った。韓国の国防当局者が明らかにした。一方、ロシア側はいかなる領空も侵犯していないとしている。韓国国防省当局者によると、ロシア軍機が韓国の領空を侵犯するのは初めて。