エディション:
日本

特集アベノミクス

自民・吉田参院幹事長が引退表明

 自民党の吉田博美参院幹事長(69)=長野選挙区、当選3回=は23日の党役員連絡会で、改選を迎える夏の参院選に立候補せず、議員を引退する意向を表明した。「比例代表の話もいただいたが、入退院を繰り返しており、選挙に出ないことにした」と健康上の理由を説明した。その後の記者会見で、脳腫瘍が見つかって近く手術すると明らかにした。

福井の杉本知事が初登庁

 7日投開票の福井県知事選で初当選した元総務官僚の杉本達治氏(56)が23日、初登庁した。知事選では杉本氏と、5選を目指した西川一誠氏(74)の支援を巡り自民党県議が分裂する選挙となり、自民の推薦を受けた杉本氏が西川氏らを大差で破った。

立民と国民、衆院も一本化協議へ

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表は23日、国会内で会談し、夏の参院選改選1人区に加え、衆院小選挙区の候補者一本化に向けた協議に入ることで合意した。衆参同日選の可能性が取り沙汰されていることを踏まえ候補者調整を急ぐ必要があると判断した。立民の福山哲郎、国民の平野博文両幹事長も同席した。

堺市長選は6月9日投開票

 堺市選挙管理委員会は23日、自身の政治資金問題を受けて竹山修身市長が辞職することに伴う市長選を5月26日告示、6月9日投開票とする日程を決めた。

希望・行田氏、埼玉知事選出馬へ

 希望の党の行田邦子幹事長(53)が、8月に任期満了を迎える埼玉県知事選に出馬する意向を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。22日夜、支持者に伝えたという。改選を迎える夏の参院選には、既に不出馬を表明している。

ルノーから日産への統合打診報道「コメント控える」=菅官房長官

菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、仏ルノーが日産自動車に経営統合を打診し、日産が拒否したとの報道に関し、「民間企業の個別のやり取りについてコメントは控えたい」とした。訪欧中の安倍晋三首相が23日に予定している日仏首脳会談で議題にするかに関しても明言を避けた。

今は経営統合を考えるときではない=西川日産社長

日産自動車の西川廣人社長兼最高経営責任者(CEO)は22日、仏ルノーから経営統合の提案があったとの一部報道に対し「私がお答えすることはない」と述べた。そのうえで今は経営統合を考えるときではないとの見解を示した。

石破、岸田氏らが会食

 自民党の石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長、石原伸晃前経済再生担当相、中谷元・元防衛相が22日夜、東京都内で会食した。党公認候補が2敗した衆院補欠選挙の結果を受け、それぞれの派閥の若手議員らを中心に引き締めを図っていくべきだとの認識で一致した。

政治資金問題、竹山堺市長が謝罪

 後援会などの政治資金収支報告書に多数の誤りが発覚、修正を繰り返し、辞職願を提出した竹山修身堺市長は22日、市役所で記者会見し「市民に不信感を与え、市政への信頼を失墜した事態を招き、深くおわび申し上げる」と謝罪した。

参院歳費削減、審議先送り

 与野党は22日の参院議院運営委員会理事会で、参院定数6増に伴い参院議員歳費を削減する法案に関し、同日予定した議運委での審議入りを先送りすることで合意した。与党は24日の参院通過と26日の衆院本会議での可決、成立を目指していたが、反対する野党に配慮し断念した。理解を得られる日程を再検討する。