エディション:
日本

中国

コラム:リブラの衝撃、フェイスブック構想は「仮想」通貨超えるか=井上哲也氏

コラム:リブラの衝撃、フェイスブック構想は「仮想」通貨超えるか=井上哲也氏

[東京 27日] - 米フェイスブックが18日、新たな仮想通貨(暗号資産)「リブラ(Libra)」を使ったサービスを来年開始すると発表すると、メディアだけでなく、イングランド銀行のカーニー総裁や国際決済銀の経済アドバイザーであるヒュン・ソン・シン氏、米議会下院金融サービス委員会のウオーターズ委員長など、金融当局の関係者が驚くほど素早い反応を見せた。

焦点:G20脅かす貿易摩擦、主要中銀の「緩和競争」再燃も

焦点:G20脅かす貿易摩擦、主要中銀の「緩和競争」再燃も

トランプ米大統領は、米国が何十年にもわたって世界的な関税引き下げの音頭を取ってきた歴史を顧みずに、保守主義的な貿易政策を打ち出して、20カ国・地域(G20)の結束を乱そうとしている。そこで厳しい立場に置かれているのが主要中央銀行で、想定よりも早く経済が悪化した際に、残り少ない政策手段で対応しなければならない。

日経平均は3日ぶり反発、米中摩擦の緩和期待 円安・アジア株高も追い風

日経平均は3日ぶり反発、米中摩擦の緩和期待 円安・アジア株高も追い風

東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。前日の米国株市場の流れを引き継ぎ、朝方から半導体・電子部品株に買いが先行した。その後、米中が暫定的な貿易戦争の停戦で合意したという香港紙の報道が伝わると上げ幅を拡大。為替が1ドル108円台まで円安に振れたことや、香港・上海などアジア株の上昇も追い風となった。後場にかけて200円超高となり、きょうの高値で引けた。

ドル108円前半、米中首脳会談への楽観論が台頭

ドル108円前半、米中首脳会談への楽観論が台頭

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の108円前半。香港紙の報道をきっかけに米中首脳会談に対する楽観論が広がったことで、ドルは108円台に乗せ、1週間ぶり高値をつけた。日本や中国の株価上昇や米長期金利の持ち直しもドル買い安心感を誘った。

コラム:マクロン仏大統領の口出し、日産・ルノーには「逆効果」

コラム:マクロン仏大統領の口出し、日産・ルノーには「逆効果」

[香港 26日 ロイター BREAKINGVIEWS] - マクロン仏大統領が26日、日産自動車とルノーが協力を深める素晴らしさを説き聞かせたことは、両社の関係円滑化にとってはかえってマイナスだ。日産は25日の株主総会でも分かったように、アライアンスに対する疑念を強めている。

米中、貿易戦争の一時休戦で合意 G20控え=香港紙

米中、貿易戦争の一時休戦で合意 G20控え=香港紙

米国と中国は、28─29日の20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて開く両国の首脳会談を前に、貿易戦争の一時休戦で合意した。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが27日、関係筋の話として報じた。

前場の日経平均は反発、景気敏感株が堅調 ドル/円上昇も追い風

前場の日経平均は反発、景気敏感株が堅調 ドル/円上昇も追い風

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比175円51銭高の2万1262円10銭と反発した。前日の米国株市場の流れを引き継ぎ、朝方から半導体関連株など景気敏感株に買いが先行した。その後、香港紙の報道が材料視され、ドル/円が上昇すると、日経平均も強含み一時200円近くまで上げ幅を拡大した。