エディション:
日本

中国

米国株式市場は過去最高値に迫る、米中協議に楽観的な見方

米国株式市場は上昇。ダウ平均株価は177ドル高で取引を終えたほか、S&P総合500種とナスダック総合が過去最高値に迫った。飲料のコカ・コーラや航空機エンジン・機械のユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)の決算を好感して買いが集まった。

中国の李鵬元首相が死去

中国の李鵬元首相が死去

 【北京共同】1989年6月の天安門事件で民主化運動の武力弾圧を主導した中国の李鵬元首相が22日、病気のため北京で死去した。90歳だった。中国国営通信の新華社が23日、報じた。88年から10年間、首相を務めた後、江沢民指導部時代に共産党序列2位として全国人民代表大会(全人代)の常務委員長(国会議長)に就任した。

中国人民銀行総裁、現在の金利水準は適切と認識=財新

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は、中国の現在の金利水準は適切との認識を示した。また利下げについては、いかなる場合もデフレリスクへの対応を目的として実施されるとした。経済誌の財新が23日インタビューを報じた。

中国国有企業、上半期の利益は前年比7.2%増

中国財政省は23日、2019年上半期(1─6月)の国有企業の利益総額が前年比7.2%増の1兆8200億元(2646億1000万ドル)となったと発表した。売上高は7.8%増の29兆4900億元。6月末時点の負債額は8.8%増の125兆8000億元だった。

香港デモ、背後に米当局者=中国外務省

香港デモ、背後に米当局者=中国外務省

中国外務省の華春瑩報道官は23日の会見で、香港で続いている「逃亡犯条例」改正案に反対するデモについて、背後に米当局者がいると主張し、関与を止めるよう要求した。また、米政府が、同国の対イラン制裁に違反してイラン産の原油を輸入したとして、中国国営の石油会社、珠海振戎に制裁を発動したことに強く反対すると述べた。