エディション:
日本

ドイツ

米テスラ、独大型工場の敷地拡張を申請=地元紙

米電気自動車(EV)大手テスラはドイツのブランデンブルク州グリューンハイデで3月に稼働させたばかりの大型工場の敷地拡張申請を地元に提出した。電気自動車(EV)や電池生産用にまだ施設建設が続いている300ヘクタールに加えて、貨物置き場や物流や駐車用スペースとして新たに100ヘクタール拡張する計画。

あらゆる機会で日本が主張してきたことが浸透=G7会合で経産相

萩生田光一経産相は27日の閣議後会見で、ドイツで開かれている主要7カ国(G7)の気候・エネルギー・環境相会合で焦点となっている石炭火力への日本の方針について「安定供給を大前提に、比率をできる限り引き下げていくことが基本」との考えを繰り返した上で、「今まであらゆる機会を通じて日本が主張してきたことが浸透している」と述べた。

独VW、半導体供給「明らかに」改善、年内に生産回復も=CEO

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のディース最高経営責任者(CEO)は、半導体供給が「明らかに改善している」と述べ、同社の世界生産は年内に回復できるとの自信を示した。スイスのダボスで開催中の世界経済フォーラム年次総会の傍らで記者団に語った。