エディション:
日本

ギリシャ

欧州の金利上昇見込む人は「性急」=ギリシャ中銀総裁

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのストゥルナラス・ギリシャ中央銀行総裁は11日、ユーロ圏の金利が上昇すると予測しているのは「おそらく性急な」人だとし、来年のインフレ率は2%を下回るとの見通しを示した。

IMF、21年の世界経済成長6%を下回る 予測下方修正

国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は5日、2021年の世界経済の成長率は7月時点予測の6%をやや下回るとの見通しを示した。債務やインフレ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響による経済動向の隔たりに伴うリスクを挙げた。

ローマ教皇など宗教指導者ら、COP26へ共同アピール

ローマ教皇フランシスコと他の宗教指導者らが4日、11月にかけて英グラスゴーで開催される国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向けて共同アピールを発表し、「前代未聞の生態系危機」から地球を救うために具体的な解決法を打ち出すよう呼び掛けた。

22年のギリシャGDP予想は4.5%増 想定以上の回復力で

ギリシャ政府は4日に提出した予算案で、来年の同国国内総生産(GDP)伸び率が4.5%になるとの見通しを示した。観光部門の改善、落ち込んでいた需要の回復、政府の支援策で強い回復が見られることが支えになるという。