エディション:
日本

イタリア

コラム:「ゼロサム思考」はなぜ世界成長を脅かすのか

[ワシントン 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ワシントンで今月開かれた世界銀行と国際通貨基金(IMF)の春季会合では、国際協調の必要性が叫ばれたが、実際には勝ち組の数だけ負け組が出るという「ゼロサム思考」が幅を利かせていた。

インタビュー:LIXILの瀬戸・前CEO、潮田氏の発言に違和感

LIXILグループの前最高経営責任者(CEO)の瀬戸欣哉取締役は、潮田洋一郎会長兼最高経営責任者(CEO)が取締役を辞任した理由が、自らが瀬戸氏をCEO(最高経営責任者)に起用したことにあると述べたことに対し、根本的に間違った発言であり、企業のガバナンス(企業統治)欠如を露呈していると語った。

コラム:米国に「借り」あるサウジ、原油政策で協力不可避か

[ロンドン 22日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領は、サウジアラビアに「借り」を返してほしがっている。昨年11月、サウジの反体制記者殺害事件にムハンマド皇太子が関与したとの疑惑が広がった際、トランプ氏は皇太子の潔白を公言した。