エディション:
日本

イタリア

アングル:欧州首脳、ダボスで「米国第一主義」に対抗できるか

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が今週23日─26日まで開催され、各国の政治家や企業、銀行の幹部が一堂に会して活発な議論を行う。「分断された世界で共有される未来の創造」というテーマが掲げられた今回特に注目されるのは、欧州各国の首脳だ。

コラム:「人民元安ショック」再発は杞憂か=植野大作氏

[東京 10日] - 中国人民元の下落に歯止めがかかっている。2014年から2016年まで3年連続で陽線(ドル高・元安)引けを記録していたドル人民元相場は、2017年に入って元高基調に転換、4年ぶりの陰線(ドル安・元高)で引けた。年足チャートを眺めると、見た目にもかなりインパクトのある大陰線が出現している。