エディション:
日本

イタリア

イタリア議会、320億ユーロのコロナ経済対策を承認

イタリアの上下両院議会は20日、320億ユーロ(387億ドル)の新型コロナウイルス向け追加経済対策をほぼ全会一致で承認した。国民健康サービスや都市封鎖(ロックダウン)で閉鎖を余儀なくされている企業、一時帰休制度などへの支援に利用される。

ロシア、ナワリヌイ氏30日間勾留決定 欧米各国が一斉に非難

ロシアに帰国直後に拘束された反体制派指導者ナワリヌイ氏(44)について、司法当局は18日、連邦警察の要請通りに30日間の勾留を認めた。裁判で数年にわたる禁錮刑が言い渡される可能性があり、国連のほかドイツなどの西側諸国が同氏の即時釈放を訴えている。

コンテ伊首相は不信任となる見通し=レンツィ元首相

イタリアのレンツィ元首相は、来週18日に議会下院で予定されるコンテ首相の信任投票で、同首相は十分な信任票を獲得するとは思わないとの見通しを示した。15日付の伊ラ・スタンパ紙のインタビューで述べた。

アングル:昨秋までの成功で準備不足、強烈なコロナ第3波

緊急事態宣言の再発令に追い込まれた日本は、昨秋まで新型コロナウイルスの感染者数を比較的低く抑えてきた。しかし、感染拡大が緩やかだったことが検査体制の拡充と病床の整備を遅らせ、十分な準備が整わないまま第3波を迎える要因になったと、公衆衛生当局の専門家や医師、専門家は指摘する。昨年暮れに感染者が急速に増え始めても、当初の成功が危機感を鈍らせ、状況を悪化させた可能性があるという。