エディション:
日本

米国

ドル6─12%過大評価、貿易摩擦に危機感=IMF年次報告

ドル6─12%過大評価、貿易摩擦に危機感=IMF年次報告

国際通貨基金(IMF)は17日、年次の「対外部門の安定性に関する報告書」を公表した。ドルについては短期のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に基づき6─12%過大評価されているとの見解を示した。一方、ユーロや円、人民元は基礎的条件に沿った水準だとした。

コラム:アマゾンの周到な顧客データ収集、米議会が厳しい視線

コラム:アマゾンの周到な顧客データ収集、米議会が厳しい視線

[ニューヨーク 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - アマゾン・ドット・コムは米有料会員向けセール「プライムデー」の期間中、同社の買い物支援アプリ「アマゾンアシスタント」をインストールしてウェブ閲覧履歴を提供したユーザーに10ドルを提供するキャンペーンを展開中だ。競合他社からビジネスを奪う周到な手口で、しかもユーザーからデータを安く買い叩いており、市場での優位は明らかだ。折しも米下院の反トラスト小委員会は16日にオンライン市場の競争に関する公聴会を開き、アマゾンなど米IT大手の幹部が出席。アマゾンのユーザー情報の扱いは米議会の厳しい視線にさらされている。

トランプ氏の「人種差別的な発言」、共和党議員からも批判

トランプ氏の「人種差別的な発言」、共和党議員からも批判

米下院は16日、トランプ大統領が民主党の非白人下院議員4人に対して「人種差別的な発言」をしたと非難する決議を可決したが、トランプ氏の発言には身内の共和党議員からも批判が出ており、16日夜の時点で上下両院の共和党議員250人のうち30人以上が一定の懸念を示した。