エディション:
日本

米国

コラム:「ゼロサム思考」はなぜ世界成長を脅かすのか

コラム:「ゼロサム思考」はなぜ世界成長を脅かすのか

[ワシントン 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ワシントンで今月開かれた世界銀行と国際通貨基金(IMF)の春季会合では、国際協調の必要性が叫ばれたが、実際には勝ち組の数だけ負け組が出るという「ゼロサム思考」が幅を利かせていた。

正午のドルは111円半ば、2週間ぶり安値圏

正午のドルは111円半ば、2週間ぶり安値圏

正午のドルは前日NY市場終盤の水準と変わらずの111円半ば。調整売買が主導する中で上値が重く、111.45円と前日海外でつけた2週間ぶり安値に迫る場面もあった。

日米、為替問題で平行線

日米、為替問題で平行線

 【ワシントン共同】日米両政府は25日午後(日本時間26日午前)、米ワシントンで財務相会談を開いた。ムニューシン米財務長官は意図的な通貨安誘導を防ぐ「為替条項」導入を念頭に、貿易交渉で為替問題を協議していくよう求めたが、麻生太郎財務相は貿易と関連付けることに反対し、平行線に終わった。茂木敏充経済再生担当相もこの日、ライトハイザー米通商代表と会談し、農産物や自動車といった物品関税を中心に協議した。