エディション:
日本

バイデン政権:注目記事

アングル:バイデン氏、対テロで得点 ウクライナで問われる手腕

アングル:バイデン氏、対テロで得点 ウクライナで問われる手腕

バイデン米大統領がシリア北西部で急襲作戦を敢行し、過激派組織「イスラム国」(IS)のアブイブラヒム・ハシミ指導者を自爆死に追い込んだ。昨年8月のアフガニスタンからの米軍撤収に伴う混乱で支持率が大きく下がり、ウクライナ問題を巡るロシアとの対立で力強いイメージを打ち出そうと腐心しているバイデン氏にとって、作戦の成功は切望していた安全保障上の勝利だとアナリストは見ている。

アングル:弾劾あるか、バイデン政権が懸念する「中間選挙後」

アングル:弾劾あるか、バイデン政権が懸念する「中間選挙後」

米国の中間選挙はまだ約10カ月先だ。だが、ジョー・バイデン政権とそれを支える与党・民主党陣営は、上下両院のいずれか、あるいは双方で共和党が多数を占め、政権に関する一連の調査を開始し、大統領の弾劾を試みるシナリオもありうると想定している。

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ株と接種拒否で

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ株と接種拒否で

バイデン米大統領は1月の就任時に、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)との戦いで国内のワクチン接種に注力するのが新政権の方針だと言明した。しかし感染力の強いデルタ株が猛威を振るい、多くの国民がワクチン接種を拒否していることから、戦略の見直しを迫られている。

アングル:バイデン政権の電動バス促進、中国BYD排除で難航か

アングル:バイデン政権の電動バス促進、中国BYD排除で難航か

中国の電気自動車(EV)メーカー、BYD(比亜迪)の米子会社BYDノース・アメリカがロサンゼルスの北で運営する電動バス工場は、バイデン大統領が目指す理想を体現しているかのようだ。製品はもちろんバッテリー式で生産場所は米国内、そして環境にやさしいからだ。