エディション:
日本

バイデン政権:注目記事

アングル:バイデン氏、中間選に向け地方行脚 距離置く候補も

アングル:バイデン氏、中間選に向け地方行脚 距離置く候補も

バイデン米大統領は今週、気候変動対策を盛り込んだ歳出・歳入法の成立をひっさげ、11月の中間選挙に向けて民主党候補の支持押し上げを図る地方行脚を開始する。しかし、バイデン氏の応援がむしろマイナスになると警戒し、距離を取ろうとする候補者が出てくるかもしれない。

焦点:バイデン氏とFRB議長、「持ちつ持たれつ」インフレ対策

焦点:バイデン氏とFRB議長、「持ちつ持たれつ」インフレ対策

中間選挙を11月8日に控える米国で、有権者が最も懸念すべき問題とみているのがインフレだ。バイデン大統領はこの問題に対処する上で、1人の人物を非常に頼りにしている。それは、共和党穏健派のパウエル連邦準備理事会(FRB)議長にほかならない。

アングル:バイデン氏、対テロで得点 ウクライナで問われる手腕

アングル:バイデン氏、対テロで得点 ウクライナで問われる手腕

バイデン米大統領がシリア北西部で急襲作戦を敢行し、過激派組織「イスラム国」(IS)のアブイブラヒム・ハシミ指導者を自爆死に追い込んだ。昨年8月のアフガニスタンからの米軍撤収に伴う混乱で支持率が大きく下がり、ウクライナ問題を巡るロシアとの対立で力強いイメージを打ち出そうと腐心しているバイデン氏にとって、作戦の成功は切望していた安全保障上の勝利だとアナリストは見ている。

アングル:弾劾あるか、バイデン政権が懸念する「中間選挙後」

アングル:弾劾あるか、バイデン政権が懸念する「中間選挙後」

米国の中間選挙はまだ約10カ月先だ。だが、ジョー・バイデン政権とそれを支える与党・民主党陣営は、上下両院のいずれか、あるいは双方で共和党が多数を占め、政権に関する一連の調査を開始し、大統領の弾劾を試みるシナリオもありうると想定している。