エディション:
日本

バイデン政権:注目記事

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ株と接種拒否で

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ株と接種拒否で

バイデン米大統領は1月の就任時に、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)との戦いで国内のワクチン接種に注力するのが新政権の方針だと言明した。しかし感染力の強いデルタ株が猛威を振るい、多くの国民がワクチン接種を拒否していることから、戦略の見直しを迫られている。

アングル:バイデン政権の電動バス促進、中国BYD排除で難航か

アングル:バイデン政権の電動バス促進、中国BYD排除で難航か

中国の電気自動車(EV)メーカー、BYD(比亜迪)の米子会社BYDノース・アメリカがロサンゼルスの北で運営する電動バス工場は、バイデン大統領が目指す理想を体現しているかのようだ。製品はもちろんバッテリー式で生産場所は米国内、そして環境にやさしいからだ。

アングル:ロシアは「地域大国」の1つ バイデン氏が狙う外交戦略

アングル:ロシアは「地域大国」、バイデン氏が狙うプーチン包囲網

バイデン米大統領は就任後初となった今回の外遊を通じて、ロシアをことさら小さい存在として印象づけようとした。もはや米国にとって対等の競争相手ではなく、米国が中国との覇権争いに資源を注ぎ込みつつある今の世界では単なる「地域大国」の1つにすぎないというのだ。

焦点:前政権より強固なバイデン氏の対中投資禁止、法で理論武装

焦点:前政権より強固なバイデン氏の対中投資禁止、法で理論武装

バイデン米大統領の先週の大統領令は、トランプ前大統領が政権末期に導入した米国から中国企業への投資を禁止する措置に対し、対象範囲をぐっと広げた。認定基準も引き下げ、後から禁止リストにもっと簡単に追加できるようにする態勢も整えた。法律専門家によると、トランプ前政権の措置には訴訟が起こされ、裁判でも勝てない弱点があったが、今回は法的な理論武装も固めた。

アングル:バイデン政権悩ます高失業率と物価上昇、カーター政権時代との比較

アングル:バイデン政権悩ます高失業率と物価上昇、カーター政権との比較

高い失業率と物価上昇、そこに加えてガソリンスタンドの行列――。これは1970年代の米国社会を覚えている一定以上の年齢層にとって、実に忌まわしい記憶だ。これはバイデン政権をも一時的に悩ませる可能性が高い。新型コロナウイルスのパンデミックがもたらした未曽有の景気後退からの米経済の立ち直りが今、幾つかの障害物の「こぶ」にぶつかっているところでもあるからだ。

焦点:米金融当局、バイデン氏号令で「気候変動対応」の圧力

焦点:米金融当局、バイデン氏号令で「気候変動対応」の圧力

バイデン米大統領が気候変動への取り組みを加速させる中、米国の金融監督当局は、気候変動リスクを金融システム監督に組み込むよう強く求められている。環境問題を軽視するトランプ前政権の下、米金融規制は気候変動対応で欧州に後れを取ったからだ。