エディション:
日本

中国ニュース スペシャル

焦点:新型肺炎、新薬開発の中国投資熱に冷や水

焦点:新型肺炎、新薬開発の中国投資熱に冷や水

新型コロナウイルスの感染拡大が、中国で活発化していた新薬臨床試験の妨げになり始めた。中国が持つさまざまな潜在力を利用しようと、これまで数十億ドルを投資してきた世界的な大手製薬会社にも、誤算が生じかねない事態だ。

焦点:トヨタ、新型肺炎が上方修正に影 中国腰折れリスク

焦点:トヨタ、新型肺炎が上方修正に影 中国腰折れリスク

トヨタ自動車は為替の円安効果や販売好調などにより2020年3月期の利益予想を上方修正したが、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の行方は見通せず、その影響は織り込めていない。感染が広がる中国での業務停止や人・モノの移動制限が長引けば、生産・販売に影響が出かねず、今回の上方修正が打ち消される可能性もある。

焦点:新型肺炎、市場は意外に安定 中国の「決意」が円高抑止

焦点:新型肺炎、市場は意外に安定 中国の「決意」が円高抑止

新型コロナウイルスの感染拡大は続いてるものの、金融市場では早くも影響は一時的との楽観論が広がり始めた。新型ワクチンの早期開発や、今後の気温上昇で流行が抑制されるとの期待感が浮上したためだが、中国人民銀行(中央銀行)が大規模な資金供給で市場を崩さぬ「決意」を見せたことも、リスク回避の円高を抑制した一因だ。