エディション:
日本

中国ニュース スペシャル

アングル:ウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反発する理由

アングル:ウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反発する理由

中国政府は、トランプ米大統領が先月署名して成立した香港人権・民主主義法に怒りを表明した。しかし、米下院が3日可決したウイグル人権法案は、もっと露骨に中国政府を締め付ける内容となっており、中国がさまざまな報復措置を本格的に講じて米中貿易合意に向けた取り組みが台無しになる恐れがある。

アングル:中国、豚肉高騰で飲食業界が窮地 代替メニューにも限界

アングル:中国、豚肉高騰で飲食業界が窮地 代替メニューにも限界

中国東部の青島市で「ポークリブご飯」を提供するレストランを経営するCao Xianliさんは、この10年で最大の正念場を迎えている。豚肉価格高騰で昨年の仕入れコストが2倍になっただけでなく、看板料理に必要な豚肉をこの先十分に確保できるかどうか分からなくなっているからだ。

焦点:ブラジルのボルソナロ政権、米の追加関税で中国に接近も

焦点:ブラジルのボルソナロ政権、米の追加関税で中国に接近も

トランプ米大統領が突如打ち出したブラジルからの鉄鋼・アルミ輸入への追加関税導入は、同国のボルソナロ大統領が目指す米政府との関係強化に打撃を及ぼし、中南米随一の経済国ブラジルが通商分野で米国の最大の競合相手である中国との距離を縮める可能性もある。

焦点:中国の人工肉市場に熱気、米中メーカーが火花

焦点:中国の人工肉市場に熱気、米中メーカーが火花

アフリカ豚コレラ(ASF)の拡大や米中貿易戦争による食肉価格の上昇などを背景に、中国で植物由来の人工肉の人気が高まり、ここ数カ月、スタートアップから老舗まで幅広い企業の参入が続いている。これまで中国向けに代替肉ビジネスを拡大してきたインポッシブル・フーズなどの米企業にとっては、地元企業との厳しい競争を強いられる展開となりそうだ。

焦点:香港取引所、中国本土回帰の公算 LSE買収失敗で模索

焦点:香港取引所、ロンドン買収失敗で中国本土へ回帰

「われわれは企業版のロミオとジュリエットだ」──。香港取引所(HKEX)の李小加(チャールズ・リー)最高経営責任者(CEO)は、ロンドン証券取引所(LSE)グループに対して一方的に買収を提案。不首尾に終わると、英小説「不思議の国のアリス」の著者、ルイス・キャロルの言葉を引用しながら、なお、諦め切れない心情をブログにつづった。

アングル:香港キャセイに乱気流、中国当局が抗議デモで締め付け

アングル:香港キャセイに乱気流、中国当局が抗議デモで締め付け

香港のキャセイパシフィック航空が崖っぷちに立たされている。一部社員が香港の抗議デモに参加したり、支持を表明したことが中国の航空当局の逆鱗に触れ、搭乗員リストの承認を拒否されたり執拗な機体検査を課されるなど締め付けを受けており、独立企業としての長期的な存続を危ぶむ声さえ聞かれる。