エディション:
日本

中国

JDI、中国生産の一部を国内回帰 コロナ禍で供給網見直し

JDI、中国生産の一部を国内回帰 コロナ禍で供給網見直し

ジャパンディスプレイ(JDI)が、鳥取工場(鳥取県鳥取市)で車載向けディスプレイの増産を検討していることがわかった。永岡一孝チーフ・マニュファクチュアリング・オフィサー(CMO)がロイターの取材で述べた。新型コロナウイルスの影響で中国工場からの供給が寸断された経緯を踏まえ、国内の自動車メーカーへのサプライチェーン(供給網)体制を再構築し、一部国内回帰を進める。

来週の日本株は値重い、コロナ動向見極め 中国経済指標に注目

来週の日本株は値重い、コロナ動向見極め 中国経済指標に注目

来週の東京株式市場は、上値が重い展開が予想されている。米国や日本で新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向にあり、景気回復スピードの鈍化が警戒されてきた。投資家心理が冷やされて米国株が崩れれば、日本株も同調して調整が入る可能性がある。このほか16日に発表される中国の各種経済指標が注目されており、改善を示すデータが出た場合はグローバル株式市場の安心材料となるとみられている。

日経平均は反落、中国株安や感染者増嫌気し終盤に下げ加速

日経平均は反落、中国株安や感染者増嫌気し終盤に下げ加速

東京株式市場で日経平均は反落した。週末とあって模様眺めムードが強い中で、このところ株価上昇の材料となっていた中国株式市場が軟化し、利益確定売りが先行する展開となった。また、後場中盤に東京都の新型コロナウイルス感染者数が過去最多になると伝わったことが嫌気され、終盤は下げ足を速めた。