エディション:
日本

新型コロナウイルス

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推す理由

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推す理由

新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種(ブースター接種)を準備している米当局者らは、追加接種が重症化や死亡だけでなく、軽症の感染も防ぐことに期待している。理論上、軽症者が減ればウイルスの感染も抑えられ、米国の回復が早まる可能性があるからだ。当局はこれまで、追加接種のこの目的についてはあまり明確に発言してこなかった。

豪首相、ワクチン接種完了者は活動の自由度増すと約束

豪シドニー、入国者の自宅隔離を実証試験 国境再開へ一歩

モリソン豪首相は17日、最大都市シドニーに到着する一部の入国者を対象に、新型コロナウイルスワクチンを接種済みであれば自宅での隔離を認める試験的な取り組みを実施すると発表した。国内では感染確認が続いているが、国境再開に向けて踏み出す構えだ。