エディション:
日本

マクロ経済動向

コラム:今年の米中経済は想定を上振れか、日銀新体制に追い風

コラム:今年の米中経済は想定を上振れか、日銀新体制に追い風

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を見ていると、3月か5月に利上げを停止する可能性が高まっているようにみえる。マーケットはすでにFRBによる今年2回の利下げを織り込んでいるが、年内に動く可能性は低いと筆者は予想する。ゼロコロナ政策を撤廃した中国のペントアップ効果が大きく、世界経済や米経済の後退リスクが低下しているからだ。

コラム:変化する為替相場のテーマ、昨年の戦略は通用せず=尾河眞樹氏

コラム:変化する為替相場のテーマ、昨年の戦略は通用せず=尾河眞樹氏

[東京 31日] - 2023年のドル円相場は、予測が難しくなりそうだ。昨年は、いわゆる「ワンウェイ(一方通行)」の上昇トレンドが長く続いた。実際、昨年のドル円相場は、そのほとんどを日米実質金利差(10年)の動きで説明することができた。21年7月から22年10月までの日米実質金利差とドル円の相関係数は0.96と、「完全な連動」を示す1.0に極めて近く、ほぼ連動していたと言える。

コラム:価格競争力で勝る中国EV、守勢強いられる欧州勢

コラム:価格競争力で勝る中国EV、守勢強いられる欧州勢

[ロンドン/香港 1日 ロイター BREAKINGVIEWS] - フォルクスワーゲン(VW)やBMWといった欧州自動車メーカーにとって、これまで大事な収益源だった中国が、次第に脅威の存在へと変わりつつある。中国電気自動車(EV)業界をけん引している比亜迪(BYD)などは、一段の成長を求めて外国市場に狙いを定めている。特に欧州は、彼らにとって守りが手薄で攻めやすいとみなされているようだ。

米金利先物、金利5%超え予想 堅調な雇用統計受け

米金利先物、金利5%超え予想 雇用統計後 利下げ予想時期後ずれ

[3日 ロイター] - 3日発表された1月の米雇用統計が予想以上に堅調な内容となったことを受け、米金利先物市場では、米連邦準備理事会(FRB)が少なくともあと2回の利上げを実施し、金利を遅くとも6月までに5─5.25%の水準まで引き上げるという見方が強まった。

NY外為市場=ドル急伸、好調な米雇用統計受け

NY外為市場=ドル急伸、好調な米雇用統計受け

ニューヨーク外為市場ではドルが急伸。3日発表された1月の米雇用統計で雇用者数が市場予想を上回る大幅増になったことを受け、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ余地が拡大する可能性があるという見方が強まった。

FRB、3月に0.25%利上げへ 米雇用統計受け=モルガンS

FRB、3月に0.25%利上げへ 米雇用統計受け=モルガンS

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米モルガン・スタンレーは3日付の調査メモで、堅調だった1月の米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)が3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%ポイントの追加利上げを決定する可能性が高いとの見方を示した。

米金利5.1%へ、必要なら一段の行動の用意=SF連銀総裁

米金利5.1%へ、必要なら一段の行動の用意=SF連銀総裁

[3日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は3日、政策金利が最終的に5.1%に達する必要があるとする昨年12月末時点での大半の米連邦準備理事会(FRB)当局者による予測は政策の道筋を示す「良い指標」としつつも、「必要であればさらなる行動を取る用意がある」と言明した。FOXビジネス・ネットワークとのインタビューで語った。

米1月雇用51.7万人増、失業率53年ぶり低水準:識者はこうみる

米1月雇用51.7万人増、失業率53年ぶり低水準:識者はこうみる

米労働省が3日発表した1月の雇用統計で、非農業部門雇用者数は51万7000人増加し、市場予想を上回る伸びとなった。失業率は3.4%と53年半超ぶりの低水準。賃金の上昇率は一段と緩やかになったものの、労働市場の引き締まり継続を示唆し、米連邦準備理事会(FRB)のインフレ対応を複雑にする可能性がある。