エディション:
日本

マクロ経済動向

OPECプラス会合、20年以来最大の減産幅となる可能性=関係筋

OPECプラス会合、20年以来最大の減産幅となる可能性=関係筋

[ロンドン 3日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要な産油国で構成する「OPECプラス」は日量100万バレル以上の減産を協議しており、各加盟国による自主的な減産が上乗せされれば、2020年以来最大の減産幅となる可能性がある。複数のOPEC筋が明らかにした。

都区部CPI9月は+2.8%、消費税除くと約30年半ぶりの上昇率

都区部CPI9月は+2.8%、消費税除くと約30年半ぶりの上昇率

総務省によると、9月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は前年同月比2.8%上昇した。幅広い食品価格の値上げが響き、前月の同2.6%上昇からプラス幅が拡大、上昇率は2014年6月以来の水準となった。消費税率引き上げの影響を除くと、1992年4月以来、約30年半ぶりの上昇率だった。

イスラエル中銀、2会合連続0.75%利上げ インフレ抑制に向け

イスラエル中銀、2会合連続0.75%利上げ インフレ抑制に向け

[エルサレム 3日 ロイター] - イスラエル中銀は3日の金融政策委員会で、政策金利を2.0%から0.75%ポイント引き上げ2.75%とすることを決定した。インフレ抑制に向け2会合連続で0.75%ポイントの利上げに踏み切った。