エディション:
日本

新興国関連

コラム:好発進のアラムコ、それでも困難な適正水準の見極め

[ロンドン 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - サウジアラビア国営石油会社・サウジアラムコは、公開企業として申し分ないデビューを飾った。国内上場初日の11日に株価は、公開価格を10%上回る32.5リヤルとなったからだ。ただ、重要な物差しは、新規株式公開(IPO)時の1兆7000億ドルからどれだけ企業価値が上がるかよりも、今後半年間に何が起こるかの方だ。

アングル:アマゾン森林破壊、レアル下落と低金利で拍車

過去最低水準となったブラジルの政策金利やレアル下落が続く外為相場が、アマゾンの森林破壊を加速させている。複数のエコノミストは、ただでさえ農場経営者寄りの姿勢を採るジャイル・ボルソナロ大統領の政策によって進んだ森林破壊に、拍車がかかっていると指摘する。

ドル/円約2週間ぶり高値、米中通商合意への期待で=NY市場

ニューヨーク外為市場では、ドルが対円で上昇し、約2週間ぶり高値を更新した。米国が中国との通商協議で「第1段階」の原則合意に達したとの情報が材料視された。関係筋によると、米国は中国との通商協議で「第1段階」の原則合意に達した。