エディション:
日本

新興国関連

焦点:ビットコインや株の大暴落、2018年ブラックスワンを予想

大手銀行や資産運用会社などが示す来年の経済・市場展望において、風変りとまでは言えないものの、ひときわ目を引くのは、米国債のイールドカーブの完全フラット化やクレジット市場の急激な調整、米失業率が50年ぶりの低水準になるといったところだ。

中国商務省、WTO会合での批判に不満表明

中国商務省の高峰報道官は14日の定例会見で、「世界貿易機関(WTO)の有用性を否定する加盟国を支持しない」と発言し、米通商代表部(USTR)の批判に対する不満をあらわにした。

コラム:「景気成熟化」説は尚早か、米経済に光明=村嶋帰一氏

[東京 12日] - 2017年にみられた世界景気の堅調な拡大とインフレの安定は2018年も続くと、当社は予想している。世界全体の実質国内総生産(GDP)成長率(購買力平価ではなく、市場為替相場に基づくもの)は、2016年実績の2.5%、2017年推定の3.2%の後、2018年が3.4%、2019年が3.3%になると見込んでいる。

インタビュー:日本株に最も強気、為替は50%ヘッジ=蘭NNIP

オランダの資産運用大手NNインベストメント・パートナーズ(NNIP)のヴァレンタイン・ファン・ニューウェンハウゼン最高投資責任者(CIO)は、ロイターとのインタビューで、グローバル株式の中で日本を最もオーバーウエート(強気判断)していると話した。