エディション:
日本

欧州

焦点:止まらない独東部の感染拡大、極右のコロナ軽視が対策阻む

ドイツのザクセン州など東部(旧東ドイツ)地域は全般に西部に比べて経済的に遅れ、住民が高齢化し、新型コロナウイルス感染対策の厳しい外出制限措置に反対する極右勢力への支持が高い。同州内の陶磁器で有名なマイセン市では今、1つしかない火葬場にひつぎがどこまでも積み上がっている。

独与党CDU、ラシェット新党首選出に8割超支持 郵便投票で

ドイツのメルケル首相が属する保守与党、キリスト教民主同盟(CDU)は22日、ノルトライン・ウェストファーレン州のアルミン・ラシェット州首相(59)の新党首選出を法的に支持するために必要な代議員1001人による郵便投票で、83.35%が支持したと発表した。

ユーロ圏総合PMI、1月は47.5に急低下 ロックダウンが影響

IHSマークイットが発表した1月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)速報値は、総合指数が47.5となり、前月の49.1から大きく低下した。新型コロナウイルス感染抑制のためのロックダウン(都市封鎖)でサービス部門が大きな打撃を受けた。

グローバルウェーハズ、シルトロニック買収額51億ドルに引き上げ

台湾のシリコンウエハーメーカー、環球晶円(グローバルウェーハズ)は22日、ドイツの同業シルトロニック買収条件を引き上げた。より多くのシルトロニック株主に株式公開買い付け(TOB)に応じてもらうため。買収価格は42億ユーロ(51億ドル)相当に拡大する。