エディション:
日本

米金融政策

FOMC声明全文

米連邦準備理事会(FRB)は、この厳しい局面で米経済を支援するためにあらゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を促進することに全力で取り組む。

米FRB、ゼロ金利と量的緩和維持:識者はこうみる

米連邦準備理事会(FRB)は26─27日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を現行のゼロ%近辺に据え置くと同時に、国債などを買い入れる量的緩和も現行水準を維持すると全会一致で決定した。新型コロナウイルス感染拡大で引き起こされた景気後退から完全に回復するまで、こうした景気支援策を継続すると改めて確約した。

米FRB、ゼロ金利と量的緩和維持 「回復ペース鈍化」

米連邦準備理事会(FRB)は26─27日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を現行のゼロ%近辺に据え置くと同時に、国債などを買い入れる量的緩和も現行水準を維持すると全会一致で決定した。新型コロナウイルス感染拡大で引き起こされた景気後退から完全に回復するまで、こうした景気支援策を継続すると改めて確約した。

コラム:ビットコイン、「不信感」漂う時代の取引にもってこい

[ニューヨーク 22日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ビットコインは下落しているが、まだ終わってはいない。足元で下がったとはいえ、過去1年間の上昇率は260%を超え、この1月には4万ドルを突破する場面もあった。この相場状況の不合理さを説明しようと思えば、その理由には事欠かない。とはいえ、市場が不合理な状態をずっと続けることがあり得るなら──おそらくあり得る──ビットコイン懐疑派といえども相場に強気になれるかもしれない。