エディション:
日本

金融セクター関連

オピニオン:自由を愛する平尾イズム、ラグビー日本代表に脈々と=奥総一郎氏

[東京 13日] - 数々の企業を復活させてきた事業再生の請負人、奥総一郎氏(56)は、日本で初めて開催されるラグビーワールドカップ(W杯)を特別な思いで迎える。日本のラグビーを世界と戦えるレベルに引き上げ、W杯の招致に大きな役割を果たした友人、故・平尾誠二氏が心待ちにしていた大会だからだ。

コラム:「限界」試すECB緩和、ラガルド氏に託したドラギ総裁の悲願=田中理氏

[東京 13日] - 欧州中央銀行(ECB)は12日、預金ファシリティ金利の10ベーシスポイント(bp)引き下げ、フォワード・ガイダンスの強化(時間条件型から状態条件型への変更)、月額200億ユーロのオープンエンド型(予め終了期限を定めない)資産買い入れの再開、貸し出しが増加した銀行を優遇する長期資金供給オペ(TLTRO3)の条件緩和(10bpの上乗せ金利廃止、オペ期間を2年から3年に変更)、マイナス金利深堀りによる副作用を軽減する金利階層化の導入からなる緩和パッケージを発表した。

ローマ法王が11月来日、長崎・広島訪問 1981年以来=菅官房長官

菅義偉官房長官は13日午後の会見で、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が11月23日から26日まで来日すると発表した。東京、長崎、広島を訪問、天皇陛下と会見するほか、安倍晋三首相と会談する予定。ローマ法王の来日は1981年のヨハネ・パウロ2世以来。

アングル:トランプ大統領のマイナス金利要求、預金者には脅威

トランプ米大統領は11日、米連邦準備理事会(FRB)に政策金利をマイナス圏まで引き下げるよう要求し、FRBに対する利下げ圧力を一段と強めた。しかしFRB当局者は全国のロータリークラブや商業会議所で講演する際にしばしば、金利が低過ぎると全く逆の不満をぶつけられる。預金者、特に定年退職が近い年齢層の預金者は預金や債券投資で十分なリターンを得ていない。

三菱UFJ銀、欧州・中東でも取引先仲介 今秋からネット通じ

三菱UFJ銀行がスペイン最大手のサンタンデール銀行の仲介システムを活用し、法人顧客が欧州や中東、アフリカでも取引先候補を探せるサービスを月内にも始めることが12日、分かった。アジアを中心に展開してきた仲介機能を拡充し、将来的な外国為替取引や融資などの新たなバンキング業務につなげる狙い。

アシックスの「パタハラ」裁判が12日に初弁論、労働者の権利に注目

育児休業明けに不当な配置転換などの嫌がらせを受けたとして、スポーツ用品大手アシックスの男性社員(38)が提訴した訴訟の審理が、12日から東京地裁で始まる。日本における男女の平等や、労働者の権利にスポットライトを当てるケースとして注目されている。

小泉氏など初入閣13人、後継意識した再改造 憲法改正へ側近重用

安倍晋三首相が11日に行った内閣改造は、麻生太郎副総理兼財務・金融担当相と菅官房長官を留任させて政権の骨格を維持する一方、環境相に小泉進次郎元復興政務官を起用するなど、後継の育成も意識した布陣となった。初入閣は13人。側近を重用し、党・内閣一体で憲法改正に向かう態勢を整えたかたちだ。

5年債落札、SMBC日興証2640億円・三菱UFJMS証1635億円=市場筋

SMBC日興証2640億円、三菱UFJモルガン・スタンレー証1635億円、みずほ証1624億円、大和証1579億円、バンクオブアメリカ・メリルリンチ1524億円、野村証760億円、ソシエテ・ジェネラル証679億円、東海東京証516億円、シティグループ証500億円、岡三証89億円、クレディ・アグリコル証55億円、SBI証40億円、──など。