エディション:
日本

地球温暖化

東京五輪、安全・安心な大会実現し多様なレガシーを創出=骨太最終案

骨太最終案、東京五輪「安全・安心な大会実現」と明記へ=政府筋

新たな経済財政運営の指針(骨太方針)の全容が16日、判明した。今夏の東京五輪・パラリンピックについて「安全・安心な大会を実現する」との考えを新たに明記し、予定通りの開催に意欲を示した。希望する全ての国民への新型コロナウイルスのワクチン接種を10月から11月にかけ終えることも盛り込み、18日に閣議決定する。複数の政府筋が明らかにした。

米EU、国境炭素税巡る協議開催で合意 WTOで意見交換も

米EU、国境炭素税巡る協議開催で合意 WTOで意見交換も

米国と欧州連合(EU)は15日、地球温暖化対策が不十分な国からの輸入品に事実上の関税を課す「国境炭素税(国境炭素調整措置)」を巡りEU案について協議することで合意した。世界貿易機関(WTO)が協議の場になる可能性がある。EUのフォンデアライエン欧州委員長が明らかにした。

米上院民主トップ、超党派インフラ案の7月採決望む

米上院民主トップ、超党派インフラ案の7月採決望む

米上院民主党トップのシューマー院内総務は15日、超党派の大型インフラ投資法案の採決を7月に実施することを望んでいると述べた。しかし、気候変動対策などを盛り込んだ追加法案が必要になる見通しとした。

米ロ首脳会談、合意なくとも会談自体が有益=ロシア大統領側近

米ロ首脳会談、合意なくとも会談自体が有益=ロシア大統領側近

ロシアのプーチン大統領の外交顧問を務めるユーリ・ウシャコフ氏は、16日にスイスのジュネーブで開催されるバイデン米大統領とプーチン大統領との首脳会談について、具体的な合意に達する可能性は低いが、それでも会談は有益だとの見方を示した。