エディション:
日本

地球温暖化

中国、GDP当たりCO2排出を過去5年で18.8%削減

中国、GDP当たりCO2排出を過去5年で18.8%削減

中国生態環境省は2日に公表した報告書で、単位国内総生産(GDP)当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を示す「CO2排出原単位」が2020年までの5年間で18.8%減少したと明らかにした。

米SEC委員長候補、ゲームストップ株問題巡る調査を約束

米SEC委員長候補、ゲームストップ株問題巡る調査を約束

バイデン米大統領が証券取引委員会(SEC)委員長に指名したゲーリー・ゲンスラー元商品先物取引委員会(CFTC)委員長は2日、上院銀行委員会の指名承認公聴会で、ゲームストップの株価乱高下を巡る問題を調査すると表明した。また、企業に対し気候変動リスクの開示を義務付ける可能性を示唆した。

バイデン米政権、国境炭素調整課税を検討へ ウイグル問題対応も

米通商代表部(USTR)は1日、バイデン政権の通商アジェンダを公表、温暖化対策が不十分な国からの輸入品を対象にした「国境炭素調整」課税を検討する方針を表明した。世界的に温室効果ガスの排出削減につなげることが狙い。また、新疆ウイグル自治区でウイグル族のイスラム教徒に強制労働を課している中国に対抗する姿勢を示した。

英政府、初の個人投資家向け環境債発行へ

英政府は、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするという目標の達成に向けて、資金使途を環境分野に限定した世界初となる個人投資家向け環境債(グリーンボンド)を発行する。

焦点:今年の株主提案は環境が「主役」か、鍵握る資産運用大手

焦点:今年の株主提案は環境が「主役」か、鍵握る資産運用大手

これまで企業の年次株主総会で環境問題に絡む株主提案が出されることはまれで、提案があってもあっさりと否決されていた。しかし、3月から本格化する今年の株主総会シーズンでは株主提案の大半を気候変動関連が占める見通しで、流れが変わりそうだ。