エディション:
日本

ファーウェイ問題と5G戦争

バイデン氏、ファーウェイ・ZTE排除法案に署名

バイデン氏、ファーウェイ・ZTE排除法案に署名

バイデン米大統領は11日、米安全保障に対する脅威と見なされる企業が米規制当局から新たな機器ライセンスを取得できないようにする法案に署名した。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)などが対象となる。

京セラが上方修正、5G向けなど部品需要続く

京セラが上方修正、5G向けなど部品需要続く

京セラは1日、2022年3月期の連結営業利益見通しを従来予想から290億円引き上げ、前年比2倍超の1460億円に上方修正した。部材不足の影響が懸念されるものの、5Gや半導体関連市場向けに引き続き強い部品需要を見込む。

アングル:米通信事業者の5G対応、現実は広告に遠く及ばず

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現実

米通信事業者は今、次世代通信規格「5G」が使える地域を地図上にピンクや青で記し、いかにも広範囲をカバーしているかのように見せている。しかし最も整備が進んだ州でさえ、高速サービスに対応した地域は3分の1に満たないことが、最新のデータで分かった。

米、ファーウェイ・SMIC向け輸出許可申請の大半を承認=資料

米、ファーウェイ・SMIC向け輸出許可申請の大半を承認=資料

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)と半導体メーカーの中芯国際集成電路製造(SMIC)が米国の事実上の禁輸リストに指定されているにもかかわらず、米国内の両社のサプライヤーがかなりの額の製品・技術の輸出許可を取得していたことが、ロイターが確認した資料で21日、明らかになった。