エディション:
日本

ファーウェイ問題と5G戦争

ファーウェイ、第3四半期に中国スマホ市場シェア拡大=調査会社

ファーウェイ、第3四半期に中国スマホ市場シェア拡大=調査会社

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]が第3・四半期に国内スマートフォン市場でシェアを拡大したことが、30日に公表された調査会社カナリスのデータで明らかになった。米国の制裁に直面する同社への支持が国内消費者の間で広がった。

ポスト5G通信技術、日の丸勢の挽回を議論=未来投資会議

ポスト5G通信技術で国家プロジェクト、首相が検討指示=未来投資会議

政府は29日、「未来投資会議」でポスト5Gと呼ばれる次々世代通信技術で日本企業の競争力を確保する方策を議論した。次世代の5G(第5世代通信技術)では中国勢が世界の先端を走っており、巻き返しのため政府として国家プロジェクトを立ち上げる方針を示した。地銀・バス会社の再編や高齢者向け自動車運転技術の開発などと共に、来夏に取りまとめる成長戦略に盛り込む方針だ。

米FCC、ファーウェイとZTEの安保上の脅威指定巡り決定へ

米FCC、ファーウェイとZTEの安保上の脅威指定巡り決定へ

米連邦通信委員会(FCC)は11月19日の会合で中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]と中興通訊(ZTE)を安全保障上の脅威として指定するための採決を行うと、当局者が28日、ロイターに明らかにした。指定されれば両社の顧客企業は政府補助金の使用が禁止される見込み。