エディション:
日本

新天皇即位

アングル:日本の皇室、命運は13歳少年の肩に

アングル:日本の皇室、命運は13歳少年の肩に

新天皇の即位から約3カ月たった8月、日本の皇室で最も若い13歳の悠仁さまが初の海外訪問としてブータンを訪れた際、未来の天皇による世界の表舞台へのデビューと受け止められた。

焦点:真相見えない五輪疑惑、竹田氏退任でも難しい幕引き

焦点:真相見えない五輪疑惑、竹田氏退任でも難しい幕引き

「来年の東京大会を控えて、このように世間をお騒がせしていることを大変心苦しく思っている」。今年3月19日、大勢の記者に囲まれた竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長(71)は、6月末の任期終了をもって退任することを明らかにした。記者からの矢継ぎ早の質問に、同氏は「私は不正なことはしていない」と繰り返した。馬術選手としてオリンピックに出場、JOCの会長を20年近く務めたこれまでの華々しい経歴に終止符を打つ記者会見だった。

焦点:トランプ訪日、安倍外交に高い評価 通商交渉は予断許さず

焦点:トランプ訪日、安倍外交に高い評価 通商交渉は予断許さず

令和初の国賓として来日したトランプ米大統領に対し、最大限の「おもてなし」で対応した安倍晋三首相の「作戦」は成功したのか──。日米外交に詳しい学識経験者からは、短期的な観点からは「成功した」との評価が相次いでる。ただ、通商問題では決着を先送りした色彩が濃く、牛肉など農業と自動車分野でどのように交渉が決着するのか、予断を許さない。

焦点:トランプ大統領が25日来日、通商問題も議論 令和初の国賓

焦点:トランプ大統領が25日来日、通商問題も議論 令和初の国賓

トランプ米大統領が、新天皇即位後初の国賓として25日から28日まで日本を訪れる。安倍晋三首相は、大統領とゴルフをプレーし、大相撲を観戦するなど日米の「蜜月」をアピール。夏の参院選を前に「外交力」を印象付ける狙いもありそうだ。ただ、日米首脳会談では、自動車・農産物などの通商交渉も議論するとみられ、友好ムードの裏での駆け引きからも目が離せない。

アングル:トランプ氏来日、おもてなし攻勢で貿易批判回避へ

アングル:トランプ氏来日、おもてなし攻勢で貿易批判回避へ

トランプ米大統領は25日、国賓として来日する。米中の激しい対立を目の当たりにしている日本側は、貿易問題に焦点が当たるのを避けるべく、さまざまな「おもてなし」を用意。首談会談に加え、大相撲千秋楽の観戦や宮中晩餐会への出席を予定している。

次のページ