エディション:
日本

世界的なインフレ加速

緩和を粘り強く続ける必要、物価高が賃金上昇伴わず=中村日銀委員

緩和を粘り強く続ける必要、物価高が賃金上昇伴わず=中村日銀委員

日銀の中村豊明審議委員は7日、長野県金融経済懇談会であいさつし、日本経済は依然として新型コロナウイルス感染症による落ち込みからの回復途上にあり、現在の物価上昇も賃金上昇を伴うものとなっていないことから「金融緩和を粘り強く続ける必要がある」と述べた。

G7、ロシアへの影響力拡大 原油価格の上限設定で=米政府高官

G7、ロシアへの影響力拡大 原油価格の上限設定で=米政府高官

[ワシントン 6日 ロイター] - 米財務省高官は6日、ロシア産原油の上限価格を1バレル=60ドルに設定したことで西側諸国のロシアに対する影響力が拡大したとの認識を示した。また、上限を調整する際にはロシア経済や世界経済、原油市場の動向など、さまざまな要因が考慮されるとした。ロイターの取材に答えた。

トルコ沖のタンカー滞留、原因はロシア原油上限でない=西側高官

トルコ沖のタンカー滞留、原因はロシア原油上限でない=西側高官

[ワシントン 6日 ロイター] - トルコ沖でロシアの黒海沿岸の港から地中海に向かう石油タンカーが滞留し混乱が生じている問題を巡り、西側の高官は6日、トルコ政府が課した新たな保険要件が原因だとし、主要7カ国(G7)によるロシア産石油への価格上限導入の影響ではないと指摘した。