エディション:
日本

イラン

コラム:米国がイラン抗議運動を支援すべき理由

イランは最近、再び反乱の痛みの中にある。米国が長年待ち望んだ体制転換の兆しが地平線上に見えてきた。かつての保守派地盤で、抗議運動が考えにくかった都市においても、イラン市民が通りに出て、単なる改革ではなく、国民投票の実施を要求している。

コラム:「根拠なき熱狂」再び、年内に株価大幅調整の恐れ

[ニューヨーク 18日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領の税制改革により、米株というロケットに燃料が追加補給された。行き過ぎは株式市場にとどまらない。ビットコインその他の仮想通貨ではバブルが起こり、美術品の価格は高騰し、スポーツカーのような収集品から不動産まで、あらゆる資産にめまいのするような値がつくようになった。

トランプ政権初の国防戦略

 【ワシントン共同】米国防総省は19日、トランプ政権初の国家防衛戦略を発表した。「修正主義国家との長期の戦略的競争が再来している」と表明、米国主導の国際秩序に挑む中国やロシアを「競争相手」と位置付けて米軍増強を進めると宣言。マティス国防長官は「テロではなく大国間の競争が今や米国の安全保障にとって一番の懸案だ」と演説し、最優先課題をこれまでのテロ対策から国家間競争に転換する方針を打ち出した。

ロシア、イラン核合意の修正を支持せず=ラブロフ外相

ロシアのラブロフ外相は15日、トランプ米大統領が求めているイラン核合意の修正を支持しない方針を示した。トランプ氏は12日、核合意に基づく対イラン制裁の停止継続を表明する一方、核合意の「ひどい欠陥」を修復する「最後の機会」だと欧州諸国に警告した。

イラン制裁停止延長、トランプ氏が11日にも是非判断

トランプ米大統領は11日、2015年の核合意に基づく対イラン制裁停止延長の是非を判断する見通しだ。ゴールドスタイン国務次官は記者団に、決定の発表が同日中か翌12日になるかは不確かと説明した。