エディション:
日本

イスラム国関連

コラム:イラン外交政策、米制裁では変わらない理由

イラン政府が発するメッセージは明快だ。1日には過激派組織「イスラム国」(IS)のシリア東部にある拠点にイラン革命防衛隊(IRGC)がミサイル攻撃を実施した。IRGCによると、これは9月22日のイラン南西部アフワズで起きた銃撃テロへの報復措置だという。