エディション:
日本

日韓関係

日韓、日米韓の戦略的連携がこれほど必要な時ない=岸田首相

岸田文雄首相は26日、訪日中の韓国次期政権の代表団に対し、ルールに基づく国際秩序が脅かされている国際情勢において、日韓、日米韓の戦略的連携がこれほど必要な時はなく、日韓関係の改善は待ったなしだと述べた。首相官邸が明らかにした。

経産相が韓国次期政権の政策協議代表団と会談、意思疎通の契機に

萩生田光一経産相は25日午後、尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期韓国大統領による政策協議代表団(団長は鄭鎮碩(チョン・ジンソク)韓国国会副議長)と会談した。経産省では、日韓関係を健全な関係に戻すため、両国の意思疎通のひとつの契機にしたいとしている。

北朝鮮対応や地域の安定、日韓の連携不可欠=松野官房長官

松野博一官房長官は18日午前の会見で、韓国次期政権の外相候補となっている朴振氏が日韓関係の改善に強い意欲を示したことに関連し、両国の連携は北朝鮮への対応や地域の安定のために不可欠だと指摘した。徴用工問題や慰安婦問題などで両国関係は厳しい状況にあるが「このまま放置することはできない」と語った。

日韓首脳会談は未定、具体的政治日程考えたい=岸田首相

岸田文雄首相は10日、参院予算委員会の集中審議で、韓国の次期大統領に選ばれた尹錫悦氏との首脳会談の日程は決まっていないが、意思疎通を図るため具体的な政治日程を考えていきたいと述べた。白真勲委員(立民)への答弁。

日韓関係改善へ「緊密に協力」と岸田首相、尹大統領選出に祝意

岸田文雄首相は10日、韓国次期大統領に保守系最大野党の尹錫悦(ユン・ソギョル)氏が選出されたことに対し、「選出を歓迎したい。心からお祝い申し上げる」と祝意を述べた。日韓国交正常化以降に築いた協力関係を発展させる必要があるとの認識も示し、「関係改善のため新大統領と緊密に協力していく」と語った。都内で記者団に述べた。

有効策を適切に検討、対応したい=米のロシア産原油禁輸で官房長官

松野博一官房長官は9日午前の会見で、バイデン米政権がロシアに対する経済制裁としてロシア産の原油などの輸入を禁止したことを受け、今後の状況を踏まえつつ、主要7カ国(G7)をはじめとする国際社会と連携し、有効と考えられる取り組みを適切に検討、対応していきたいと述べた。