エディション:
日本

日韓関係

東京五輪開催へ準備、「希望と勇気届ける」と菅首相=施政方針演説

菅義偉首相は18日の施政方針演説で、今年7月に開幕予定の東京五輪・パラリンピックについて「感染対策を万全なものとし、世界中に希望と勇気を届けられる大会を実現するとの決意のもと、準備を進める」と述べた。コロナ後を見据えて「ポストコロナの国際秩序づくりに指導力を発揮していく」との考えも強調した。

韓国慰安婦訴訟で日本に賠償命令、菅首相「受け入れられない」

韓国のソウル中央地裁は8日午前、旧日本軍の元従軍慰安婦の女性12人が日本政府に損害賠償を求めた訴訟で、請求通り1人当たり1億ウォン(約950万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。日本の外務省は同日、秋葉剛男外務事務次官が韓国の南官杓駐日大使を呼んで抗議、菅義偉首相は「断じて受け入れられない」と述べた。

イラン、韓国タンカーの人質利用の疑い否定

イランは5日、韓国船籍の石油タンカーの拿捕について、タンカーと乗組員を人質として利用しているとの疑いを否定した。ただ同時に韓国に対し、米国の制裁措置の下で凍結されている70億ドルの資金を利用可能にするよう圧力をかけた。

焦点:出稼ぎタイ人は「小さな幽霊」、韓国で数百人が死亡

[バンコク/ソウル 22日 トムソンロイター財団] - 韓国でタイからの出稼ぎ労働者が何百人も死亡していたことが、トムソンロイター財団の取材で判明した。その多くは不法滞在だった。これを受けて、国連は事態の解明のための調査を呼び掛けている。