エディション:
日本

日韓関係

韓国の調査船、竹島領海を航行

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、韓国の海洋調査船が今月15日から島根県・竹島周辺の日本領海を航行したとして、外交ルートを通じて「わが国の同意のない調査活動は認められない」と韓国側に抗議したことを明らかにした。

「日本盗っ人たけだけしい」

 【ソウル共同】韓国の文喜相国会議長は、天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決するとした自身の発言について、日本側が求めている撤回や謝罪には応じない考えを示した上で「謝罪すべき側がせず、私に謝罪を求めているのは盗っ人たけだけしい」と反発した。複数の韓国メディアが18日、文氏のインタビューを報じた。

統計不正、18日に集中審議

 国会は18日、統計不正をテーマに衆院予算委員会の集中審議を開く。野党は毎月勤労統計の調査方法を巡り、中江元哉元首相秘書官が厚生労働省側に「問題意識」を伝えた経緯に注目。官邸の圧力が調査方法変更につながったとの構図を描き、安倍晋三首相への追及を強める。2019年度予算案の月内の衆院通過へ突き進む与党との攻防は激しさを増しそうだ。

日韓外相、15日会談

 【ベルリン共同】河野太郎外相は15日、韓国の康京和外相とドイツ・ミュンヘンで会談する。韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟判決の対応を巡り協議。河野氏は、日韓請求権協定に基づく政府間協議の開催要請への回答を求める方針。天皇陛下に元慰安婦への謝罪を求めた韓国国会議長の発言も議題になるとみられる。

徴用工、原告側が賠償協議へ圧力

 【ソウル共同】韓国の元徴用工訴訟で、原告側は14日、被告である日本企業の資産の現金化を2月中にも裁判所に申し立てると警告し、賠償協議に応じるよう圧力をかけた。日本政府の方針に従う企業側が協議に応じる可能性は低く、資産売却による日韓政府間対立の一層の激化が懸念される。

日韓外相15日にもドイツで会談

 日韓両政府は、ドイツ・ミュンヘンで15~17日に開かれる国際会議に合わせ、河野太郎、康京和両外相の会談を実施する方向で調整に入った。15日を軸に検討している。日本外務省関係者が13日、明らかにした。日本企業が賠償を命じられた韓国人元徴用工訴訟判決のほか、天皇陛下に元慰安婦への謝罪を求めた韓国国会の文喜相議長の発言が議題となる見通しだ。

政府、韓国に2日続けて抗議

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、天皇陛下の謝罪による慰安婦問題解決に言及した韓国国会の文喜相議長の発言を問題視し、8日から2日連続で抗議したことを明らかにした。河野太郎外相も衆院予算委員会で「到底受け入れられない。極めて無礼な発言だ」と非難した。韓国側が抗議を聞き入れる見通しはなく、冷え込んだ日韓関係が続くのは確実だ。

研究巡る投稿で杉田水脈議員提訴

 ジェンダーや慰安婦問題に関する研究について、ツイッターで「捏造」などと投稿され名誉を傷つけられたとして、大阪大の牟田和恵教授ら女性研究者4人が12日、杉田水脈衆院議員に対し、慰謝料計1100万円と謝罪を求めて京都地裁に提訴した。

政府、韓国議長発言の撤回を要求

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決するとした韓国国会の文喜相議長の発言に対して、外交ルートを通じて韓国側に抗議した上で、謝罪と撤回を求めたことを明らかにした。「甚だしく不適切な内容を含むものであり、極めて遺憾だ。強く抗議した」と語った。韓国側からは、議長の本意と異なる形で発言が報道されたとの説明があったと明らかにした。