エディション:
日本

韓国関連

政府、韓国に2日続けて抗議

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、天皇陛下の謝罪による慰安婦問題解決に言及した韓国国会の文喜相議長の発言を問題視し、8日から2日連続で抗議したことを明らかにした。河野太郎外相も衆院予算委員会で「到底受け入れられない。極めて無礼な発言だ」と非難した。韓国側が抗議を聞き入れる見通しはなく、冷え込んだ日韓関係が続くのは確実だ。

南北共催の五輪、実現に不透明

 【ソウル共同】2032年夏季五輪の北朝鮮との共催を目指している韓国は、韓国側の招致都市をソウルと決定、15日にスイス・ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)本部で開かれる南北とIOCの3者会談で共催意思を正式に伝達し、招致活動が本格化する見通しだ。韓国側は招致活動を通じて北朝鮮の非核化を後押ししたい考えだが、実現には不透明な部分も残る。

政府、韓国議長発言の撤回を要求

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決するとした韓国国会の文喜相議長の発言に対して、外交ルートを通じて韓国側に抗議した上で、謝罪と撤回を求めたことを明らかにした。「甚だしく不適切な内容を含むものであり、極めて遺憾だ。強く抗議した」と語った。韓国側からは、議長の本意と異なる形で発言が報道されたとの説明があったと明らかにした。

韓国、米軍駐留費の負担増で合意 19年は1.03兆ウォン

韓国は10日、2019年の在韓米軍の駐留経費負担額を18年の9600億ウォンから1兆0300億ウォン(8億9000万ドル)に増やすことで米国と合意した。新たな合意は国会の承認が必要となる。