エディション:
日本

中東・アフリカ

レバノン首都の大規模爆発、死者100人に

レバノンの首都ベイルート中心部に近い港湾地区の倉庫で4日、大規模な爆発が発生した。レバノン赤十字社によると、死者は100人に達した。衝撃波で窓ガラスが砕け散り、建物は倒壊、首都全体に振動が伝わった。

トルコのコロナ新規感染者、3週ぶりに1000人上回る

トルコで4日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者が1083人となり、3週間ぶりに1000人を上回った。トルコ政府は新規感染者1000人を、抑制措置の再検討につながる重要な基準としている。

日揮HD、イラク製油所計画の受注 「最終交渉は事実」

日揮ホールディングス(HD)は3日、イラクの製油所の近代化プロジェクトを約4000億円で受注したとの報道について、同社が公表したものではないとしつつ「現在、顧客と最終交渉を行っているのは事実」とするコメントを発表した。

原油先物は下落、協調減産縮小に伴う供給過多懸念などで

週明け3日アジア時間の原油先物は下落。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」が8月から協調減産の規模を縮小することによる供給過多や、新型コロナウイルス感染者の世界的増加に伴う燃料需要の回復の遅れへの懸念が重し。

カナダ法相、華為CFOの身柄引き渡し要件は成立

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟最高財務責任者(CFO)の米国への身柄引き渡し問題を巡り、カナダのラメッティ法相は、身柄引き渡しの要件は成立しているとの見方を示したことが、裁判資料で分かった。