エディション:
日本

中東・アフリカ

アングル:サウジ、バイデン政権に備えムスリム同胞団弾圧急ぐ

サウジアラビアがイスラム組織、ムスリム同胞団への弾劾運動を再開している。米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領は、トランプ米大統領に比べてサウジ現政権への友好姿勢を後退させる公算が大きいため、今のうちに王室を脅かしかねない勢力に手を打っておく狙いだ。

アングル:混迷のレバノン、米仏の最後通牒でも進展しない理由

[ベイルート/パリ 17日 ロイター」 - 混乱に陥ったレバノン経済の救済を模索する西側有力諸国は、同国指導部に対して最後通牒を突きつけた。財政破綻した国家の全面改革を進める信頼性の高い政府が樹立されない限り、それも迅速に実現しない限り、今後の救済はない──と。

バイデン氏、国家情報長官にヘインズ元CIA副長官指名 初の女性

米大統領選で勝利を確実にしたバイデン氏は情報機関を統括する国家情報長官に元中央情報局(CIA)副長官のアブリル・ヘインズ氏を指名した。情報機関の活動は、トランプ政権が政治的目的に使われているとしてやり玉に挙げたため、職員の士気回復が課題となっている。

G20、新型コロナワクチンの公平な供給に尽力=首脳会議声明

20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)は22日、オンライン形式で実施した2日間の討議を終え閉幕した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、貧富の差が拡大する可能性への懸念に対応し、「あらゆる人々」に新型コロナの治療薬や検査、ワクチンを手ごろな価格で公平に供給することに尽力すると表明した。

コラム:トルコ中銀新総裁、大幅利上げ含めて見事な初仕事

[ロンドン 19日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トルコ中央銀行のアーバル新総裁は、素晴らしい滑り出しを見せた。就任から2週間しか経過していないが、過去2年余りで最も大幅な利上げに動き、物価上昇抑制を続けると約束した上に、幾つかの主要政策金利を事実上一本化して透明性を向上させたからだ。これは機関投資家の耳にも心地よく響くだろう。