エディション:
日本

中東・アフリカ

ムーディーズ、トルコを「B3」に引き下げ 見通し「安定的」

[12日 ロイター] - 格付け会社ムーディーズは12日、トルコのソブリン格付けを「B2」から「B3」に1ノッチ引き下げた。声明で「経常収支の赤字が従来予想を大きく上回る可能性が高く、世界的に金融情勢が逼迫している中で対外資金需要が高まる」とした。

ロシア、中国などの「友好国」通貨購入を検討 政府系ファンド補充

[モスクワ 12日 ロイター] - ロシア中央銀行は12日、政府系ファンド「ナショナル・ウェルス・ファンド(NWF)」の補充に向け、中国、インド、トルコなどの「友好国」の通貨を購入することを検討していると明らかにした。西側諸国の制裁措置によりドルとユーロが購入できなくなっていることが背景にあるとみられる。

ロシア当局者がイランで無人機訓練=米国務省

[ワシントン 11日 ロイター] - 米国務省のパテル副報道官は11日、ロシア当局者がここ数週間にイランでドローン(無人機)の訓練を受けたとの見方を示した。両国間の無人機取引に関する合意の一環という。

米国務長官、ルワンダのコンゴ反政府勢力支援に懸念

[9日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は9日、ルワンダが隣国コンゴ民主共和国(旧ザイール)の反政府勢力「3月23日運動(M23)」を支援しているとの信頼できる報告があることについて、非常に懸念していると述べた。

焦点:米企業増税法案が収益圧迫へ、EVなどは恩恵 自社株買いラッシュも

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米上院が7日可決した4300億ドル規模の歳出・歳入法案について、市場関係者は企業利益を小幅に押し下げ、自社株買いラッシュを引き起こす可能性を指摘する。一方、電気自動車(EV)やバイオ燃料、太陽光エネルギーなど一部のセクターには追い風になるとみられる。