エディション:
日本

中東・アフリカ

欧州5カ国、米国に詳細な中東和平案示すよう求める

英仏独を含む欧州5カ国は8日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことはイスラエル・パレスチナ和平の「役に立たない」と批判し、詳細な和平案を提示するよう米国に求めた。

中東和平への貢献表明

 【マナマ共同】河野太郎外相は9日、日本の外相として初めて中東のバーレーンを訪問した。地域の安全保障に関する国際会議で演説し、厳しさを増すイスラエルとパレスチナの中東和平交渉を巡り「日本は中東の安定にもっと貢献していける」と決意を表明した。

西田厚聡氏が死去

 東芝の社長、会長を務めた西田厚聡(にしだ・あつとし)氏が8日午後1時53分、急性心筋梗塞のため東京都内の病院で死去したことが9日、分かった。73歳だった。東芝が明らかにした。2015年に発覚した不正会計問題で責任を問われ、損害賠償を求められた旧経営陣のうちの一人。三重県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男啓(けい)氏。

「イスラム国」に勝利宣言

 【カイロ共同】イラク軍は9日、シリア国境付近の砂漠地帯で続いた過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦が完了し「イラク全土をISから解放した」と発表した。国境も管理下に置いた。アバディ首相は「イラクだけでなく全世界にとっての勝利だ」と宣言した。2014年6月に北部モスルを制圧して台頭、イラクとシリアに支配地域を広げ「国家樹立」を宣言したISの組織は、約3年半を経てほぼ壊滅した。

米国務省、入国制限措置を施行 イスラム圏や北朝鮮含む8カ国対象

対象国はチャド、イラン、リビヤ、シリア、ソマリア、イエメンのイスラム圏6カ国のほか、ベネズエラと北朝鮮。国務省は入国制限は恒久的な措置ではなく、これらの国が米国民の安全の確保に向け米政府とともに取り組めば制限措置は解除される可能性があるとしている。