エディション:
日本

中東・アフリカ

イスラエル空爆継続、北ガザ司令官殺害 地下トンネル網爆撃

イスラエル軍は17日もパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスに対する集中的な空爆を継続し、北ガザの司令官を殺害したほか、ハマスが利用している地下トンネル網を爆撃した。イスラエルに対するロケット弾攻撃も継続しており、事態沈静化の兆しは見られない。

サウジ、ワクチン接種なら空路入国隔離免除 大半の国対象

サウジアラビア民生航空局(GACA)は16日、航空便で到着した大半の国の外国人について、新型コロナウイルスのワクチン接種完了の公式証明を到着時に提示することを条件に、20日から入国後7日間の政府指定ホテルの隔離義務を免除すると発表した。コロナに感染し、回復したと証明できる場合も許可する。

原油先物は小幅安、アジアのコロナ規制で燃料需要に懸念

アジア時間17日の原油先物は小幅に下落。米パイプライン最大手コロニアル・パイプラインの稼働再開で供給懸念が後退する一方で、アジアの一部で新たに導入された新型コロナウイルス対策の規制で燃料需要が弱まるとの不安感が強まった。

AP通信編集トップ、ガザ支局ビル空爆で独立調査求める

イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの空爆でAP通信や中東のテレビ局アルジャジーラが入るビルが破壊されたことについて、APのエグゼクティブエディター、サリー・バズビー氏は16日、独立した調査を求めた。