エディション:
日本

中東・アフリカ

今年も米でサル痘感染確認、マサチューセッツ州で1人

米マサチューセッツ州公衆衛生局は18日、1人の男性のサル痘感染を確認したと発表した。カナダに最近行っていたという。米疾病対策センター(CDC)も同日、サル痘ウイルスであることを確認したと発表した。

コラム:西側のロシア産原油禁輸、中国は漁夫の利か

[ロンドン 19日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ロシアのウクライナ侵攻で世界のエネルギー市場が揺れる中、中国は漁夫の利を得られそうだ。西側のボイコットによって安くなったロシア産原油は今アジアに向かっているが、世界最大の原油輸入国である中国の購入増加は今のところ、インドに比べれば控えめだ。一方、欧州連合(EU)はまだロシア産原油の禁輸に至っておらず、イタリアなどの国は買い漁っている。これらの状況を総合すると、中国は割安になったロシア産原油の購入をさらに増やす可能性が高い。

南ア中銀、6年超ぶりの50bp利上げ インフレ対応強化

南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)は19日に開いた金融政策決定会合で、主要政策金利であるレポレートを市場予想通り50ベーシスポイント(bp)引き上げ、4.75%とした。50bpの利上げは6年超ぶりで、インフレ対応への取り組みを強化する。