エディション:
日本

難民危機

コラム:見た目より高い米政府機関閉鎖の「コスト」

[ワシントン 22日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米政府機関の一部閉鎖は22日、解除されることになったが、そのコストは高くつきそうだ。経済と金融市場には小幅な影響しかないものの、米国民の負担や政治的な分断が増大する恐れがあり、米政府の機能不全を長引かせかねない危険な手段でもある。

フェイスブック、欧州3カ国にデジタル技術訓練拠点を開設

米フェイスブックは22日、スペインとポーランド、イタリアの欧州3カ国にデジタル技術訓練センターを開設し向こう2年間で100万人を訓練すると発表した。またフランスでは、同社の人工知能(AI)研究施設を通じて1000万ユーロ(1220万ドル)を投資する。欧州への貢献を示す取り組みの一環。

ソーシャルメディア企業、ヘイトスピーチの削除を加速=EU

欧州連合(EU)の新たなデータで、フェイスブック、ツイッター、アルファベット傘下のグーグルが運営するユーチューブが、インターネット上に投稿されたヘイトスピーチの削除を大幅に加速させ、投稿に関する報告の3分の2以上を24時間以内に審査していることが明らかになった。

英の著名EU離脱派、国民投票の再実施に賛意 「穏健」回避狙い

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡り、同国内で最も著名な離脱推進派2人が11日、EU離脱について2度目の国民投票を実施することに賛意を表明した。離脱派が再び勝利すれば、EU支持派がブレグジットを骨抜きにしようと画策しているのをやめさせることができると踏んでいる。

ドイツ連立協議、高技能移民巡り合意=報道

ドイツのメルケル首相が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)は、専門技能を持つ移民の誘致に関する法体制を巡り合意した。現地メディアが9日伝えた。

焦点:シリアで地歩を固めるロシア、遠い和平への道

シリア内戦の状況がアサド大統領率いる政権側に決定的に有利に転じるなかで、同大統領と連携するロシアは、軍事的な優勢を確かな地盤に転換し、分裂したシリアを安定させるとともに、中東地域でのロシア利権を確保したいと考えている。