エディション:
日本

ミャンマー情勢

ミャンマーでデモ参加者に発砲、2人死亡 欧米が一斉に非難

ミャンマーでデモ参加者に発砲、2人死亡 欧米が一斉に非難

ミャンマー第2の都市マンダレーで20日、軍事クーデターへの抗議デモ参加者に治安当局が発砲し、2人が死亡した。軍事政権の打倒とアウン・サン・スー・チー国家顧問らの解放を求め、全土でデモが行われていた。欧米各国は相次いで軍の動きを非難した。

銃撃された女子学生葬儀に1万人

銃撃された女子学生葬儀に1万人

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍のクーデターに抗議するデモに加わり、銃撃され死亡した女子学生(20)の葬儀が21日、首都ネピドー近郊で営まれた。デモ参加者で初めての犠牲者。地元メディアによると、遺体が安置されていた病院から墓地までの20キロ余りの道のりに1万人以上が集まった。追悼の動きは各地に広がり、国軍への反発が強まっている。

反軍政デモで2人死亡

反軍政デモで2人死亡

 【ヤンゴン共同】ミャンマーでクーデターを起こした国軍に抗議するデモが20日も各地に広がった。地元メディアによると、第2の都市マンダレーで治安部隊がデモ参加者に発砲し、2人が死亡した。一連のデモでの犠牲者は3人目となり、国軍への反発が一層強まることが予想される。

ミャンマー、僧侶もデモ参加

ミャンマー僧侶もデモ参加

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍によるクーデターへの抗議デモに僧侶が加わり始めた。国民の9割が熱心な仏教徒の同国では、尊敬の対象として社会的影響力が大きい。2007年には当時の軍政に反対するデモを主導し、民主化運動のうねりを起こした。「クーデターは認めない」。平和的な手段に徹し、アウン・サン・スー・チー氏の解放を求めている。

クーデター後、初の日本便が到着

クーデター後、初の日本便が到着

 国軍のクーデターへの大規模抗議デモが続くミャンマーで19日、現地在住の日本人を乗せてヤンゴン国際空港を出発した全日空機が同日夜、成田空港に到着した。1日のクーデター後、初めての直行帰国便で、全日空によると乗客は74人。退避勧告は出ていないが、ミャンマー駐在の企業関係者らが安全上の理由などから搭乗した。

W杯予選のミャンマー戦延期

 日本サッカー協会は19日、横浜市の日産スタジアムで3月25日に行われる予定だったワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選のミャンマー戦の延期を発表した。代替日は未定。

デモで銃撃の20歳女性死亡

デモで銃撃の20歳女性死亡

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの首都ネピドーで9日に行われたクーデターへの抗議デモに参加し、頭部に銃撃を受け脳死状態に陥っていた女性のミャ・トゥエ・トゥエ・カインさん(20)が19日、死亡した。一連のデモ参加者で初の犠牲者となった。女性は治安部隊に実弾で撃たれた可能性が高く、内外の反発が強まるのは必至だ。