エディション:
日本

原油関連

トランプ米政権、OPECプラスの減産延長に期待

トランプ米政権は、サウジアラビアなどの主要産油国が減産合意を守り、方針を変更して世界経済に打撃を与えることはない、と考えている。政権高官が2日、週内にも見込まれる石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」会合を前に明らかにした。

米シェール企業、一部で生産再開の動き 原油価格回復受け

米シェール企業、一部で生産再開の動き 原油価格回復受け

原油価格が歴史的な安値から回復する中、米シェール企業の間で減産方針を転換する動きが出ている。シェール生産者は価格動向に応じて素早く生産を調整することが可能で、減産延長を検討する石油輸出国機構(OPEC)にとっては対応が難しくなる可能性もある。

原油先物3%超上昇、OPECプラスの協調減産延長に期待

原油先物3%超上昇、OPECプラスの協調減産延長に期待

米国時間の原油先物は、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」が協調減産を延長するとの期待から上昇し、北海ブレントと米原油先物はともに3%を超えて上昇し、3週間ぶり高値に迫った。

原油先物は上昇、OPECプラス減産延長観測で

原油先物は上昇、OPECプラス減産延長観測で

2日の原油先物は上昇。週内にも開催が見込まれる石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」の会合で減産延長合意に達するかどうかをトレーダーらは見極めようとしている。