エディション:
日本

原油関連

原油価格、朝方の下げから持ち直し

原油価格、朝方の下げから持ち直し

アジア時間の原油価格は、持ち直している。朝方はハリケーン「バリー」が週末にメキシコ湾岸を通過し、操業を再開する石油関連施設が増えていることや、中国指標を受けた原油需要見通し悪化で下落していた。

米石油掘削リグ稼働数、2週連続で減少=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した7月12日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は前週比4基減の784基と、2018年2月以来の低水準となった。減少は2週間連続。前年同期の稼働数は863基だった。

石油市場、米国の増産で供給過剰に=IEA

国際エネルギー機関(IEA)は12日公表した月報で、世界の石油需要が低迷する中、米国の石油生産が拡大し、今後9カ月で世界の石油在庫が増加するとの見通しを示した。