エディション:
日本

原油関連

米寒波で停電拡大、エネ・製造業に影響 原油1年ぶり高値

米寒波で停電拡大、エネ・製造業に影響 原油約1年ぶり高値

米国で16日、南部州を中心に広い地域を襲っている厳しい寒波の影響で、テキサス州からニューヨーク州の約530万世帯が停電に見舞われた。メキシコ湾岸の石油生産施設や製油所の多くも操業を停止し、エネルギー産業のほか製造業などにも被害が及んでいる。

シンガポール非石油輸出、1月は前年比+12.8% 7カ月ぶり大幅増

シンガポール企業庁(エンタープライズ・シンガポール)が発表した1月の石油を除く輸出は、前年比12.8%増加した。比較対象となる前年が低水準だったことによるベース効果に加え、特殊機械や非貨幣用金、石油化学製品、電子機器が押し上げた。

OPECプラス、4月から減産縮小の公算 市場回復受け=関係筋

OPECプラス、4月から減産縮小の公算 市場回復受け=関係筋

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」が、原油価格の回復を受けて4月から減産幅を縮小させる公算であることが複数の関係筋の話で分かった。ただ、新型コロナウイルスを巡る懸念が払拭されていないことから、小幅な縮小になるとみられている。