エディション:
日本

原油関連

原油先物2カ月ぶり高値、米在庫が2018年以来の低水準

原油先物2カ月ぶり高値、米在庫が2018年以来の低水準

米国時間の原油先物は2カ月ぶりの水準に上昇した。世界最大の原油消費国である米国で在庫が2018年以来の水準に減少したことに加え、新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念が緩和していることが背景。

原油先物、週間で5%上昇の勢い 供給懸念で

原油先物、週間で5%上昇の勢い 供給懸念で

7日の取引で原油先物が下落。しかし、カザフスタンの政情不安やリビアからの原油供給一時停止を受けた原油供給懸念を受け年初から上昇しており、週間では約5%の値上がりとなる見通し。

原油先物2%高、カザフのデモ激化やリビアの供給問題で

原油先物2%高、カザフのデモ激化やリビアの供給問題で

米国時間の原油先物は約2%上昇。今年に入ってからの上げ幅を一段と拡大した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」のメンバーである中央アジアのカザフスタンでデモ隊が暴徒化したことや、リビアからの供給一時停止が背景。

原油先物は下落、米ガソリン在庫急増など重し

原油先物は下落、米ガソリン在庫急増など重し

アジア時間の原油先物は下落。石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国で構成する「OPECプラス」の増産計画に加え、需要減少を受けた米ガソリン在庫の急増が重しとなった。