エディション:
日本

東京五輪

五輪合宿の南スーダン選手が接種

五輪合宿の南スーダン選手が接種

 東京五輪・パラリンピックに向けて前橋市で長期合宿している南スーダンの選手らが16日、市内で新型コロナウイルスのワクチンを接種した。予約キャンセルで余ったワクチンを使った。

東京五輪、安全・安心な大会実現し多様なレガシーを創出=骨太最終案

骨太最終案、東京五輪「安全・安心な大会実現」と明記へ=政府筋

新たな経済財政運営の指針(骨太方針)の全容が16日、判明した。今夏の東京五輪・パラリンピックについて「安全・安心な大会を実現する」との考えを新たに明記し、予定通りの開催に意欲を示した。希望する全ての国民への新型コロナウイルスのワクチン接種を10月から11月にかけ終えることも盛り込み、18日に閣議決定する。複数の政府筋が明らかにした。

榊原爽が豪代表で五輪出場

 自転車BMXレース女子で英国人の父と日本人の母を持つ榊原爽(21)が16日、出生地のオーストラリア代表として東京五輪に出場することが決まった。オーストラリア・オリンピック委員会が同日、発表した。

体操白井が引退表明、リオ五輪金

体操白井が引退表明、リオ五輪金

 体操男子の16年リオ五輪団体総合金メダリストで、“ひねり王子”の愛称で親しまれた白井健三(24)=日本体育大教員=が16日、記者会見し「選手としての未練は一つもない。すごく恵まれた体操人生だった」と現役引退を表明した。6日までの代表選考争いで目標の東京五輪出場に届かず、既に男子体操競技部のコーチとして指導しているという。

五輪野球、田中将ら24選手発表

五輪野球、田中将ら24選手発表

 東京五輪で金メダル獲得を目指す野球日本代表の稲葉篤紀監督(48)が16日、東京都内で記者会見し、代表に内定した24選手を発表した。米大リーグから今季、プロ野球楽天に復帰した田中将大投手(32)、投打の軸として期待されるオリックスの山本由伸投手(22)や広島の鈴木誠也外野手(26)らが代表入りした。

五輪野球、田中将大が代表入り

五輪野球、田中将大が代表入り

 東京五輪の野球日本代表に今季、米大リーグから楽天に復帰した田中将大投手やヤクルトの4番を務める村上宗隆内野手、新人ながら広島の抑えを任されている栗林良吏投手、昨季セ・リーグ新人王の広島の森下暢仁投手らが選出されたことが15日、分かった。代表に内定した24選手は16日に発表される。

五輪、違反で制裁金や国外退去も

五輪、違反で制裁金や国外退去も

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、新型コロナ感染対策のルールをまとめた選手向けの「プレーブック(規則集)」第3版を公表した。ルール違反時の罰則として大会参加資格の剥奪に加え、金銭的な制裁や国外退去措置を取る可能性を新たに明記。ウイルス検査で陽性が確定すれば選手村外の宿泊療養施設に隔離するなど、陽性者が見つかった場合の手続きを明確化した。

三宅宏実、5大会連続で五輪出場

三宅宏実、5大会連続で五輪出場

 日本重量挙げ協会は15日、東京五輪の女子の日本代表3選手を発表し、49キロ級の三宅宏実(いちご)が2004年アテネ大会から5大会連続での出場を決めた。55キロ級の八木かなえ(ALSOK)は3大会連続、59キロ級の安藤美希子(FAコンサルティング)は2大会連続の切符をつかんだ。