エディション:
日本

政局の行方

分配政策は優先順位重要、まずは賃上げ支援税制強化=岸田首相

分配政策は優先順位重要、まずは賃上げ支援税制強化=岸田首相

岸田文雄首相の所信表明演説に対する各党代表質問が11日午後、衆院本会議で始まり、最初に質問に立った立憲民主党の枝野幸男代表は首相に総裁選で掲げた金融所得課税の見直し撤回などについて質問した。岸田首相は、課税見直しは分配政策の選択肢の一つとしつつ、賃上げ支援税制の強化を優先させると語った。

岸田首相が中印首脳と電話会談、習氏に香港・新疆問題提起

岸田首相が中印首脳と電話会談、習氏に香港・新疆問題提起

岸田文雄首相は8日夕、中国の習近平国家主席、インドのモディ首相とそれぞれ電話会談を行った。習主席とは北朝鮮問題など様々な課題での協力を確認するとともに、香港や新疆・ウイグルをめぐる人権問題について岸田首相から提起した。

岸田首相が所信表明、賃上げ実現へ企業の四半期開示見直し明言

岸田首相が所信表明、賃上げ実現へ企業の四半期開示見直し明言

岸田文雄首相は8日午後、衆議院本会議で内閣発足後初の所信表明演説を行い、経済成長とともに分配を重視するこれまでの主張を改めて訴えた。具体策として、企業が株主だけでなく従業員や下請けへの利益配分をしやすくするよう、短期的な視点の経営に陥りがちな四半期ごとの業績開示を見直す方針を打ち出した。

自民党公約、賃上げ企業優遇や防衛費拡充目指す=原案

自民党公約、賃上げ企業優遇や防衛費拡充目指す=原案

自民党は8日午前に開かれた総務会で、次期衆院選に向けてまとめた公約の原案を、一部の文言修正を除き了承した。子育て世帯への経済支援など新型コロナウイルス対策に重点を置き、賃上げ企業に対する税優遇や、防衛費の拡充、憲法改正の早期実現などを盛り込んだ。

岸田首相、実態把握や被害拡大防止を指示 震度5強の地震受け

岸田首相、実態把握や被害拡大防止を指示 震度5強の地震受け

岸田文雄首相は7日夜、埼玉県南部などで震度5強を観測した地震を受けて記者団の取材に応じ、午後10時43分に官邸対策室を立ち上げたことを明らかにした。実態の把握と自治体との連携、国民への情報提供、被害拡大防止の4点を指示したと語った。