エディション:
日本

安全保障問題

米仏首脳会談、インフレ抑制法のEV優遇策巡り協議へ=米高官

米仏首脳会談、インフレ抑制法のEV優遇策巡り協議へ=米高官

[ワシントン 28日 ロイター] - 米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は28日、バイデン大統領が12月1日に予定するマクロン仏大統領との会談で、米インフレ抑制法に盛り込まれた電気自動車(EV)購入優遇策を巡り協議する公算が大きいと明らかにした。

ロシア工業生産、予想ほど落ち込まず 軍服・兵器製造が押し上げ

[28日 ロイター] - ロシア連邦統計局(ロスタット)が発表した10月の工業生産は前年比2.6%減となった。予想の3.8%ほど減少しなかったほか、前月の3.1%減から改善。ウクライナでの軍事作戦に新たに動員された部隊の装備を整えるなど、政府が軍事支出を増加させていることが製造業活動を押し上げているとみられる。

欧州7カ国外相キーウ訪問、NATO外相会合控え連帯

欧州7カ国外相キーウ訪問、NATO外相会合控え連帯

[キーウ(キエフ) 28日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)外相会合を前に、バルト3国のほか、NATOに加盟申請しているスウェーデンやフィンランドなど7カ国の外相が28日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問した。

岸田首相、防衛費27年度にGDP2%に増額指示 財源で工夫を

岸田首相、防衛費27年度にGDP2%に増額指示 財源で工夫を

岸田文雄首相は28日、総合的な防衛費を2027年度に国内総生産(GDP)の2%程度に増額するよう鈴木俊一財務相と浜田靖一防衛相に指示した。鈴木・浜田両氏が会談後記者団に明らかにした。今後は具体的な増額規模や財源が焦点となる。

米国防総省、ウクライナに射程150キロの爆弾システム供給案検討

米国防総省、ウクライナに射程150キロの爆弾システム供給案検討

[ワシントン 28日 ロイター] - 米国防総省は、豊富にあるロケットに取り付けられた安価な小型精密爆弾をウクライナに供給するというボーイングの提案を検討している。米国と同盟国の武器在庫が縮小し、需要増への対応に苦慮する中、この案ならウクライナ側はロシアとの戦線のはるか後方への攻撃が可能となる。