エディション:
日本

安全保障問題

イスラエル軍、シリア軍とシリア展開のイラン軍に空爆

イスラエル軍は、シリア南部で18日にシリア軍とシリアに展開するイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」に対し、空爆を実施したと発表した。イスラエルが支配するゴラン高原に爆発物が仕掛けられたことを受けた対応という。

日豪首脳、円滑化協定で大枠合意 RCEPの早期発効を主導

日豪首脳、円滑化協定で大枠合意 RCEPの早期発効を主導

菅義偉首相と訪日中のオーストラリアのモリソン首相は17日夕会談し、自衛隊とオーストラリア軍の相互訪問時の法的地位を定める「円滑化協定」に大枠で合意した。会談後の共同会見で菅首相が明らかにした。また、会談では、自由で開かれたインド・太平洋の実現を両国で進めるとともに、中国・韓国を含む東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の早期発効に向け、日豪で主導することで合意したという。

アフガン駐留米軍、トランプ氏は一部削減で譲歩か=関係筋

アフガン駐留米軍、トランプ氏は一部削減で譲歩か=関係筋

トランプ米大統領はこのほど電撃的に国防総省トップを入れ替えたが、新たなチームは同氏が主張してきたアフガニスタン駐留米軍の年内撤退をまだ示唆していない。このため、削減は一部にとどまるとの見方が米高官や同盟国の間で強まっている。