エディション:
日本

安全保障問題

トランプ氏、米中の第1段階通商合意「間近」 署名時期など触れず

トランプ氏、米中の第1段階通商合意「間近」 署名時期など触れず

トランプ米大統領は12日、ニューヨークのエコノミック・クラブで講演を行い、米中の「第1段階」の通商合意が間近であると表明した。同時に米国に恩恵をもたらすものでなければ受け入れないとも強調した。一方、協定署名の日時や開催地などには一切触れず、詳細の発表を見込んでいた向きには期待外れの内容となった。

アングル:近づくトランプ氏弾劾の公聴会、注目される外交官3人の証言

アングル:近づくトランプ氏弾劾の公聴会、注目される外交官3人の証言

トランプ米大統領のウクライナ疑惑を巡り、米下院情報特別委員会は来週、国務省高官3人の公聴会を開催する。彼らは既に非公開の証言で、トランプ氏がウクライナに対し、来年の大統領選の民主党有力候補、バイデン前副大統領の醜聞探しをするよう圧力をかけたとの疑惑を指摘している。3人はどのような立場にあり、これまで何を語ってきたのか。

トルコ大統領、シリアに外国軍駐留なら「撤退せず」

トルコ大統領、シリアに外国軍駐留なら「撤退せず」

トルコのエルドアン大統領は8日、シリア北部の国境地域に外国軍が駐留する限り、トルコも撤退しないと表明した。またクルド人武装勢力が同地域から完全に撤退するまでトルコは武装勢力への攻撃を続けると強調した。