エディション:
日本

貿易戦争

自工会、輸入車への高関税は米経済・雇用に打撃と主張

自工会、輸入車への高関税は米経済・雇用に打撃と主張

日本自動車工業会は21日、米国の雇用と経済を成長させるというトランプ米政権の目標を共有しており、日米通商協議においては、トランプ大統領にこうした見解について理解を得て、適切な判断が下されることを強く希望するとのコメントを発表した。25%の高関税を輸入車に課す可能性があり、高関税は米自動車産業や雇用にもマイナスになるとの強いメッセージを発信した。

米自動車業界、高関税の適用回避を政府に要請

米自動車業界、高関税の適用回避を政府に要請

米商務省が通商拡大法232条に基づく自動車関税に関する報告書をトランプ大統領に提出したことを受け、米自動車業界は18日、輸入する自動車や自動車部品に大幅な関税をかけないようトランプ政権に要請した。