エディション:
日本

貿易戦争

新NAFTA、年内の議会承認を楽観=ペンス米副大統領

新NAFTA、年内の議会承認を楽観=ペンス米副大統領

ペンス米副大統領は17日、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新たな貿易協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」について、年内の議会承認を楽観しているとし、新協定が米経済の勢いを後押しするとの見方を示した。

アングル:貿易摩擦で苦しむ中国企業、公的信用機関が下支え

アングル:貿易摩擦で苦しむ中国企業、公的信用機関が下支え

米中貿易摩擦の激化に伴い、中国の公的輸出信用機関である輸出信用保険公社(シノシュア)が輸出企業支援に乗り出している。具体的には、安い料金の保険を提供したり、輸入関税を負担するのを嫌う、あるいは支払いができない米業者への督促を行っているのだ。

米中関税措置、来年の世界経済成長0.8%押し下げ=IMF

米中関税措置、20年の世界経済0.8%押し下げ=IMF

国際通貨基金(IMF)のライス報道官は12日、米中が相互に発動もしくは計画している関税措置によって2020年の世界の国内総生産(GDP)が0.8%押し下げられる可能性があり、その後も悪影響が拡大し得るとの見方を示した。