エディション:
日本

イエメン

バイデン政権、UAEへの武器売却計画を続行 230億ドル超

バイデン米政権は議会に対し、アラブ首長国連邦(UAE)に230億ドルを超える武器を売却する計画を進めると通知した。最新鋭ステルス戦闘機F35や無人攻撃機を含む同計画はトランプ前政権が決定し、バイデン政権下で見直しの対象となっていた。

原油先物は上昇、堅調な中国指標や中東情勢緊迫化受け

原油先物価格は13日アジア時間の取引で上昇している。この日発表された中国の3月貿易統計で、輸入が急増したことが背景。中国は世界第2位の石油消費国。また、イエメンの親イラン武装組織フーシ派が、サウジアラビアの石油施設を攻撃したと伝わったことも支援材料になっている。

サウジ石油施設への攻撃で火災、フーシ派か

サウジアラビアのエネルギー省は19日、首都リヤドにある石油精製施設が無人機によって攻撃を受けて火災が発生し、その後鎮火したと述べた。イエメンの親イラン武装組織フーシ派は、リヤドにある施設を無人機6機で攻撃したと声明を出した。