エディション:
日本

自動車

アングル:GMとLG、相次ぐEⅤバッテリー発火で「仮面夫婦」の声

米自動車大手、ゼネラル・モーターズ(GM)と韓国の複合企業LGは長年にわたり、手を携えて電気自動車(EV)の開発に取り組んできた。しかし、GMのEV「シボレー・ボルト」に搭載したLG傘下企業のバッテリーで発火事故が立て続けに発生し、GMが大規模なリコール(無償の回収・修理)を余儀なくされたことで、両社の「蜜月」は大きく揺らいでいる。

米GM、EVシボレー・ボルトの生産停止を10月中旬まで延長

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は16日、電気自動車(EV)「シボレー・ボルト」に搭載されたバッテリーで発火事故が発生しリコール(無償の回収・修理)を実施した問題を受け、ミシガン州の組立工場の操業停止を少なくとも10月15日まで延長すると発表した。

仏ルノー、追加で2000人を削減へ EVシフトで

フランスの自動車大手ルノーは16日、国内で最大2000人の技術職およびサポート職を削減する方向で労働組合と協議を開始すると発表した。電気自動車(EV)へのシフトが要因という。