エディション:
日本

自動車

テスラ「モデル3」、米保険協会の安全性格付けで最高評価

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのセダン「モデル3」は、米道路安全保険協会(IIHS)の安全性評価格付けで最高の「トップ・セーフティー・ピック+(プラス)」に認定された。テスラ車がIIHSの最高評価を獲得するのは今回が初めて。

アングル:日米通商交渉、自動車関税など主な争点

日米両首脳は25日にも会談し、日米通商交渉の大枠合意を受けた文書に署名する見通しとなった。トランプ米大統領は関税障壁などで合意に達したことを明らかにし、協定を結ぶ意向を議会に通知。一方、日本政府は「まだ合意に至っていない」との立場だ。

貿易収支、8月は1363億円の赤字 対中輸出12.1%減=財務省

財務省が18日発表した8月貿易統計速報は、貿易収支が1363億円の赤字だった。赤字は2カ月連続。ロイターの予測中央値は3559億円の赤字だったが、赤字幅は予測値より小さかった。中国の景気減速で中国向けの輸出が前年比12.1%減となった。

ダウ142ドル安、サウジ攻撃嫌気 エネルギー株は堅調

米国株式市場は下落し、ダウ平均株価は142ドル値下がりした。サウジアラビア東部にある国営石油会社サウジアラムコ[IPO-ARMO.SE]の石油施設が攻撃を受けたことで、投資家の間で地政学的リスクや世界経済の減速に対する懸念が広がり、全般的に売りが優勢となった。一方、原油価格の急騰に伴いエネルギー株は堅調となった。