エディション:
日本

自動車

ホンダが新型「アコード」21日に国内発売、海外同様に若年層狙う

ホンダは21日、世界戦略車の1つ、セダン「アコード」の新型車を日本で発売する。北米や中国ではすでに販売しており、2年以上遅れての投入だが、両地域では購買層が若返っており、日本でも既存客の乗り換えに加え、新たな顧客として若い層の取り込みを狙う。

仏ルノー株下落、ムーディーズがジャンク級に格下げ

格付け大手ムーディーズは18日遅く、仏自動車大手ルノーの社債格付けをジャンク(投機的)級に引き下げた。これを受け、ルノーの株価は19日序盤の取引で2.3%安の30.2ユーロ(32.71ドル)と2012年半ば以来の安値を付けた。

テスラと中国CATL、コバルトを含まないEV用電池で協議

米電気自動車(EV)大手のテスラと中国EV向け電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)が行っている、コバルトを含まないリン酸鉄リチウムイオン電池(LFP)の中国製テスラ車両への利用を巡る協議が、大詰めを迎えている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

ホンダ、4輪開発機能を本社に統合、技術研究所は次世代技術に集中

ホンダは18日、4輪車事業の商品開発体制を再編すると発表した。連結子会社の本田技術研究所(埼玉県和光市)はデザインなど一部機能を除く4輪車の商品開発機能をホンダ本体に統合する。連結子会社で4輪車の生産技術開発を手掛けるホンダエンジニアリング(栃木県芳賀郡)もホンダ本体に合併する。いずれも4月1日付で実施する。