エディション:
日本

自動車

21年のEUのハイブリッド車・EV輸出額、69%増=統計局

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が2日発表した2021年のハイブリッド車と電気自動車(EV)の輸出額は、前年比69%増の420億ユーロ(442億6000万ドル)だった。輸入額は40%増の290億ユーロ。2年連続で輸出額が輸入額を上回った。

EU、国家補助金ルール見直しへ 米インフレ抑制法に適応

[ブリュッセル 4日 ロイター] - 欧州委員会のフォンデアライエン委員長は4日、米インフレ抑制法(IRA)に盛り込まれた補助金措置で域内から投資が流出するのを防ぐため、国家補助金に関するルールを新たなグローバル環境に適応させる考えを示した。ベルギーで行った講演で述べた。

米国株式市場=S&P小幅安、米雇用統計受け

米国株式市場はS&P総合500種が小幅安で取引を終えた。11月の米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ対策としての利上げ路線を維持するとの見方が強まった。

米テスラ、初の大型EVトラック「セミ」公開 初納入

[1日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1日、ネバダ工場で行われたイベントで、同社初の大型EVトラック「セミ」を公開した。運送トラックに初進出する。

アングル:商用軽EV、低価格で仕掛ける中国勢 打ち破れるかブランドの壁

「中国企業の基本的なスピード、特に決断の早さに圧倒される」ーー中国自動車メーカーとタッグを組み、日本の商用電気自動車(EV)市場を攻め込むEVベンチャー企業ASF(東京都千代田区)の飯塚裕恭社長はこう語る。飯塚氏はかつて家電量販店大手のヤマダ電機(現・ヤマダホールディングス)で取締役執行役員を務め、EV部門を担当した経験があり、その際、国内メーカーと組むことの難しさを痛感していた。

テスラ、中国でモデル3・モデルY43.5万台リコール

中国国家市場監督管理総局は1日、米電気自動車(EV)大手テスラが中国国内で中国製の「モデル3」と「モデルY」を計43万5132台をリコールすると発表した。ソフトウェアに不具合があった。