エディション:
日本

仮想通貨特集

仮想通貨リブラ、G7・G20通じ適切な規制考える必要=日銀総裁

仮想通貨リブラ、G7・G20通じ適切な規制考える必要=日銀総裁

黒田東彦日銀総裁は24日、大阪市で行った講演後、地元経済界との質疑応答で、米フェイスブックの暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について「膨大な顧客基盤を背景にしているので、仮に導入されると急拡大して、社会へのインパクトは巨大なものになり得る」とし、「今後ともG7、G20を通じて国際的な共通認識と適切な規制を考えていかなければならない」との認識を示した。

リブラ、本部がスイスでも米規制満たす必要あると想定=米財務次官

リブラ、本部がスイスでも米規制満たす必要あると想定=米財務次官

シガル・マンデルカー米財務次官(テロ・金融情報担当)は10日、米フェイスブックが計画する「リブラ」などの暗号資産(仮想通貨)について、実現するには資金洗浄(マネーロンダリング)やテロ資金の防止を目的とする最高水準の規制を満たす必要があると指摘した。

中国独自のデジタル通貨、「リブラ」と類似性も=人民銀高官

中国独自のデジタル通貨、「リブラ」と類似性も=人民銀高官

中国人民銀行(中央銀行)の高官は、開発中のデジタル通貨について、フェイスブックが導入する予定のデジタル通貨「リブラ」と一定の類似性があり、ウィーチャットペイやアリペイといった主要決済プラットフォームで使えるようになる、との見通しを示した。

EU当局がFBのリブラを調査  競争阻害のリスクを判断へ

EU当局がFBのリブラを調査、競争阻害のリスクを判断へ

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会のマルグレーテ・ベスタエアー委員(競争政策担当)は、米フェイスブックが導入を計画している暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、競争を阻害するリスクがないかを調査していると明らかにした。

焦点:中国投資家、景気減速と元安で仮想通貨になだれ込む

焦点:中国投資家、景気減速と元安で仮想通貨になだれ込む

アジアやニューヨークの市場関係者によると、米中通商紛争の激化と人民元安の進行により、中国の投資家の間で暗号資産(仮想通貨)を求める動きが強まっている。中国人に人気の仮想通貨取引所で売買が増え、店頭市場を仲立ちするブローカーが取引の多さを認めているという。