エディション:
日本

M&A・ディール関連

米下院司法委、GAFAに内部文書提出要請 独禁法調査の一環

米下院司法委員会は13日、反トラスト法(独占禁止法)違反を巡る調査の一環として、「GAFA」と呼ばれるアマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アップル、アルファベット傘下のグーグルに対し、内部の電子メールや社内文書の提出を求めた。

コラム:香港取引所のLSE買収案、金額以外にも難点

[ロンドン 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 香港とロンドンには、政治的な混乱に苦しんでいる金融センターという共通点がある。だが香港取引所(HKEX)の李小加最高経営責任者(CEO)にとって、「逃亡犯条例」改正案に端を発した数カ月にわたる香港の抗議デモや、欧州連合(EU)離脱を巡る英議会の紛糾は、2つの都市の取引所を統合しようという自らの野望の妨げにはなっていない。李氏は11日、ロンドン証券取引所(LSE)を現金と株式合わせて370億ドルで買収する計画を発表したのだ。LSEが標的から逃れるのを阻止する上で、ぎりぎりのタイミングで動きだした。

独モーターショー、EV用電池などで高まる中国の存在感

今週開催されているフランクフルトモーターショーで中国の自動車メーカーとサプライヤーが存在感を高めている。欧州自動車各社に義務付けられた排出ガス規制を背景に、中国企業が電動化技術分野での強い立場を利用しているからだ。

焦点:馬氏退任で転機迎えるアリババ、新成長分野の開拓が課題

中国電子商取引最大手のアリババ集団では、創業者の馬雲(ジャック・マー)会長が55歳の誕生日となる10日に経営トップの座を退く。主力の電子商取引は市場拡大が急速に鈍ってきており、馬氏に後を託される張勇(ダニエル・チャン)最高経営責任者(CEO)にとっては、難しいかじ取りを迫られる。