エディション:
日本

M&A・ディール関連

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

過去30年間、欧州最大の経済大国であるドイツにとって、自国製の自動車、機械、エンジニアリングツールに対する中国の旺盛な需要は、成長の安定した原動力として、歴代のドイツ政権もその恩恵をありがたく享受してきた。

アングル:ヤフー・LINE統合構想、携帯電話への貢献も鍵 楽天参入に備え

ヤフーとLINEの経営統合構想は、電子商取引(EC)で先行する楽天に肩を並べる規模に経済圏を拡大する側面がある一方、楽天の携帯電話市場参入で生じ得る波乱への備えともなりそうだ。ファンドが苦境にあるソフトバンクグループにとって、安定的な収益を生み出している携帯事業への貢献も大きなポイントとなる。

「世界最速の男」ボルト氏出資企業、電動キックボードで日本参入

「世界最速の男」と呼ばれる陸上男子100メートル世界記録保持者のウサイン・ボルト氏が出資・創設者の1人として関わる超小型モビリティ企業の米ボルト・モビリティが15日、東京都内で日本での事業展開について会見した。米国やフランスに続き、日本でも電動キックボードのシェアリングサービスを広げたい考えで、まずは2020年までに私有地扱いとなる大学構内の約40カ所で展開を目指す。

プルマタ銀買収交渉でOCBCが離脱、三井住友が最有力に=関係筋

インドネシアのプルマタ銀行買収で、有力候補の一角だったシンガポールのオーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)が交渉から離脱する方針を固めたことが15日、分かった。複数の関係筋が明らかにした。三井住友フィナンシャルグループが優位に立ったかたちで、買収額など詰めの協議を年内にも本格化させる見通しだ。

アリババ会長、香港の将来を楽観 上場で130億ドル調達目指す

香港取引所への上場手続きを開始した中国ネット通販最大手アリババの張勇(ダニエル・チャン)会長は、民主化を求める抗議活動が激化し、経済が景気後退(リセッション)入りしたにも関わらず、香港の「未来は明るい」との認識を示した。

米フォード、初の電動SUVの名前はあの「マスタング」

米自動車大手フォード・モーターは14日、新型電動SUV (スポーツ用多目的車)の名前を「マスタング・マッハE」と発表した。マスタングは1960年代にその画期的なデザイン、スポーティーな外観と手頃な価格で人気を博した米国を代表するスポーツカーブランド。