エディション:
日本

M&A・ディール関連

米FBとスナップ、ダブスマッシュに買収を一時打診=情報サイト

米交流サイト大手・フェイスブックと動画・写真共有のスナップチャットを運営する米スナップは、個別に動画アプリ「ダブスマッシュ(Dubsmash)」の買収に向けた協議をこれまでに行った。米ITニュースサイト「ジ・インフォメーション」が12日に報じた。

エアビーアンドビー、四半期売上高が大幅減=ブルームバーグ

米民泊仲介大手・エアビーアンドビーの第2・四半期売上高は、新型コロナウイルスの影響で利用者が減少し、売上高が67%落ち込んだ。ただ、年内に新規株式公開(IPO)を行う計画に変更はない。ブルームバーグが12日、関係筋の話として伝えた。

コラム:トランプ氏、テンセントへの痛撃で中国の弱点突く

[香港 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領は、中国にとって最も痛い弱点の1つを突いた。騰訊控股(テンセント)だ。ホワイトハウスは6日、同社と「取引」を禁止すると発表。これにより、同社が運営する対話・決済アプリ「微信(ウィーチャット)」の中国外での利用が阻まれるとともに、テンセントが抱える大規模な海外資産がリスクにさらされる可能性がある。究極的には、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)に対する措置以上に中国に痛撃を与えかねない。

銀行・信金7月の貸出平残は前年比+6.3%、地域金融で伸び=日銀

日銀が11日に発表した7月の貸出・預金動向によると、銀行・信金計の貸出平残は前年比6.3%増となった。伸び率は6月の同6.2%増を上回って統計の公表開始以来の最高を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大で事業環境が急速に悪化し、特に中小企業で資金ニーズが高い状況が継続。地方銀行や信用金庫といった地域金融機関で貸し出しが一段と伸びた。

TikTok、現在の形での継続は不可能=米財務長官

ムニューシン米財務長官は10日、中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」は、国内で広範囲にわたりデータを収集しているような現在の形で継続することはできないと述べた。