エディション:
日本

M&A・ディール関連

JAL、春秋航空日本を6月に連結子会社化 中国の観光需要獲得へ

日本航空(JAL)は7日、春秋航空日本(千葉県成田市)を6月に連結子会社化すると発表した。現在は約5%を出資している同社に対して追加出資し、保有する株式の割合を51%超に引き上げる。新型コロナウイルス流行の収束後に回復が見込まれる中国発のインバウンド需要の獲得を目指す。

豪マッコーリー、21年度は過去最高益 自社予想上回る

豪投資銀行大手マッコーリー・グループが7日発表した2021年度(20年4月─21年3月)決算は利益が自社予想を上回り、過去最高となった。手数料ベースの一部事業が低迷した一方、エネルギーや貴金属、為替などボラティリティーの高い市場からの利益が伸びた。

テンセント、米ゲーム2社株式の継続保有求め米当局と交渉=関係筋

中国のインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が、米ゲーム開発会社のライアットゲームズとエピック・ゲームズの株式を引き続き保有し続けることを求めて米当局の対米外国投資委員会(CFIUS)と交渉していることが分かった。事情に詳しい複数の関係筋が明らかにした。