エディション:
日本

マクロ経済動向

米小売売上高、3月は9.8%増 経済対策やワクチン普及が寄与

米商務省が15日に発表した3月の小売売上高(季節調整済み)は前月比9.8%増と、前月の2.7%減(改定)からプラスに転じ、市場予想の5.9%増を上回った。新型コロナウイルス追加経済対策の一環で実施された国民への現金給付や新型コロナワクチンの普及が消費押し上げに寄与した。

米小売売上高、3月は9.8%増 経済対策やワクチン普及が寄与

米商務省が15日に発表した3月の小売売上高(季節調整済み)は前月比9.8%増と、前月の2.7%減(改定)からプラスに転じ、市場予想の5.9%増を上回った。新型コロナウイルス追加経済対策の一環で実施された国民への現金給付や新型コロナワクチンの普及が消費押し上げに寄与した。

コラム:ゴールドマン大幅増益、手放しで喜べないのが過去の教訓

[ニューヨーク 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ゴールドマン・サックスの第1・四半期株主資本利益率(ROE)は30%を上回った。これは2009年第4・四半期以来の高水準だが、当時と今では取り巻く環境が非常に異なる。現在、銀行の安全性は高まり、米経済は危機後の落ち込みというよりは、新型コロナウイルスのパンデミックから立ち直ろうとしている局面だ。一方、依然として変わらないのは、思わぬ形でもたらされた恩恵はすぐ消えてしまいやすいという点だろう。

コラム:パウエルFRB議長、物価上振れ見極めで「綱渡り」

[ロンドン 13日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、物価上昇率がどこまで高まれば「行き過ぎ」になるか判断しなければならない。米労働省が13日発表した3月の消費者物価指数(CPI)は前月比上昇率が0.6%と、2012年以降で最も大きくなり、前年比上昇率も2.6%に跳ね上がった。パウエル氏はこれを一時的要因だと無視できるだろうが、物価上昇の許容限度を見極めるというさじ加減が難しい仕事に直面している事実は変わらない。